当財団が公益財団法人に認定されました

2010年11月10日(福田靖子10回目の命日)に一般財団法人として設立された当財団は、2011年12月15日、内閣府より公益財団法人の認定を受け、公示されました。今後、若いピアニストたちに国際的な学習機会を提供し、将来の日本の音楽文化を担う人材の育成に努めてまいります。

内閣府からの公示はこちら(内閣府公益法人informationのページ)

なお、公益財団法人化に伴い、新たに、音楽業界において深い見識を持つ以下の3名が理事に就任いたしました。

★新理事
梅津 時比古 毎日新聞社 編集局学芸部 専門編集委員
関田 正幸  (株)ジャパン・アーツ取締役副会長
西巻 正史  (株)トッパンホール企画制作部長

当財団の組織についてはこちら

11/27-28ミシェル・ベロフ先生(パリ音楽院)マスタークラス実施報告

ミシェル・ベロフ先生
フランスを代表するピアニスト、ミシェル・ベロフ先生(パリ国立高等音楽院教授)が、2010年に引き続き、2011年もマスタークラスを開講してくださいました。今回は公募による応募者2名も含め、2日間にわたり、計12名の優秀な若手ピアニストが受講。ベロフ先生の真摯な語り口と一線級で活躍してきた実演をまじえながらのレッスンに、集まった聴講生も熱心に耳を傾けました。

日程:2011年11月27日(日)、28日(月) 会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ/地図
通訳:藤本優子先生(フランス語)
主催:一般財団法人福田靖子賞基金
協力:パシフィック・コンサート・マネジメント、(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

★受講生と曲目
【11月27日(日)】
11:00-
佐藤元洋(高3、2011福田靖子賞選考会入選)
ショパン:ピアノソナタ第3番ロ短調 Op.58 第1、4楽章
12:00-
大貫瑞季(高3、2011G級ベスト賞・2009福田靖子賞選考会入選)
ショパン:エチュード ハ短調 Op.10-12 「革命」
ラヴェル:「鏡」より「洋上の小舟」
13:00-14:00
昼休憩
14:00-
出口千尋(高3、2011G級決勝入選) 
ドビュッシー:前奏曲集第2巻より「交代する三度」「花火」
15:00-
リード希亜奈(高2、2011G級銀賞)
スクリャービン:ピアノソナタ第2番嬰ト短調 Op.19 「幻想ソナタ」
16:00-16:15
休憩
16:15-
小嶋稜(高2、2011福田靖子賞選考会入選)
メシアン:「幼子イエスに注ぐ20のまなざし」より 第15曲「幼子イエスの口づけ」、第16曲「預言者たち、羊飼いたち、東方の三博士たちのまなざし」
17:15-
中川真耶加(高3、2011福田靖子賞選考会入選・特級セミファイナリスト)
ドビュッシー:エチュード「組み合わされたアルペジオのための」
スクリャービン:ピアノソナタ第4番 嬰ヘ長調 Op.30
18:15
頃終了予定
【11月28日(月)】
10:30-
今田篤(大3、2010特級銀賞)
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番ト短調 Op.16
11:30-
山崎亮汰(中1、2011F級ベスト賞・審査員特別賞) 
曲目未定
12:30-13:30
昼休憩
13:30-
仁田原祐(大3、2008G級金賞)
シューマン:交響的練習曲 Op.13
14:30-
原田絵里香(院修、2008特級ファイナリスト)
シューマン:ダヴィッド同盟舞曲集 Op.6 (抜粋)
15:30-15:45
休憩
15:45-
神谷悠生(高2)  ベートーヴェン:ピアノソナタ第21番ハ長調 Op.53 「ワルトシュタイン」 第1楽章
16:45-
鐵百合奈(大1、2011G級銅賞)
ラヴェル:「夜のガスパール」より「オンディーヌ」

11/27-28ミシェル・ベロフ先生(パリ音楽院)特別レッスン聴講者募集

ミシェル・ベロフ先生
フランスを代表するピアニストで、昨年のマスタークラスも好評だったミシェル・ベロフ先生(パリ国立高等音楽院教授)が、コンサート東京公演の翌日、2日間を割いて、今年もマスタークラスを開講してくださることになりました。ヴァン・クライバーン国際やチャイコフスキー国際などの国際コンクール審査・世界中でのマスタークラスなど後進の指導にも熱心に取り組んでおられる世界第一線の名教授です。聴講者を限定募集しますので、是非、ご来聴ください。

日程:2011年11月27日(日)、28日(月) 時間割は下記
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ/地図
通訳:藤本優子先生(フランス語)
主催:一般財団法人福田靖子賞基金
協力:パシフィック・コンサート・マネジメント、(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

聴講料:各日3,000円(先着順、1日のうちではどの枠でもご覧いただけます)
受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講申込みは終了いたしました


★受講生と曲目
【11月27日(日)】
11:00-
佐藤元洋(高3、2011福田靖子賞選考会入選)
ショパン:ピアノソナタ第3番ロ短調 Op.58 第1、4楽章
12:00-
大貫瑞季(高3、2011G級ベスト賞・2009福田靖子賞選考会入選)
ショパン:エチュード ハ短調 Op.10-12 「革命」
ラヴェル:「鏡」より「洋上の小舟」
13:00-14:00
昼休憩
14:00-
出口千尋(高3、2011G級決勝入選) 
ドビュッシー:前奏曲集第2巻より「交代する三度」「花火」
15:00-
リード希亜奈(高2、2011G級銀賞)
スクリャービン:ピアノソナタ第2番嬰ト短調 Op.19 「幻想ソナタ」
16:00-16:15
休憩
16:15-
小嶋稜(高2、2011福田靖子賞選考会入選)
メシアン:「幼子イエスに注ぐ20のまなざし」より 第15曲「幼子イエスの口づけ」、第16曲「預言者たち、羊飼いたち、東方の三博士たちのまなざし」
17:15-
中川真耶加(高3、2011福田靖子賞選考会入選・特級セミファイナリスト)
ドビュッシー:エチュード「組み合わされたアルペジオのための」
スクリャービン:ピアノソナタ第4番 嬰ヘ長調 Op.30
18:15
頃終了予定
【11月28日(月)】
10:30-
今田篤(大3、2010特級銀賞)
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番ト短調 Op.16
11:30-
山崎亮汰(中1、2011F級ベスト賞・審査員特別賞) 
曲目未定
12:30-13:30
昼休憩
13:30-
仁田原祐(大3、2008G級金賞)
シューマン:交響的練習曲 Op.13
14:30-
原田絵里香(院修、2008特級ファイナリスト)
シューマン:ダヴィッド同盟舞曲集 Op.6 (抜粋)
15:30-15:45
休憩
15:45-
神谷悠生(高2)  ベートーヴェン:ピアノソナタ第21番ハ長調 Op.53 「ワルトシュタイン」 第1楽章
16:45-
鐵百合奈(大1、2011G級銅賞)
ラヴェル:「夜のガスパール」より「オンディーヌ」
17:45
頃終了予定
※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※時間は、進行によって多少前後することがあります。

11/12ディーナ・ヨッフェ先生マスタークラス実施報告

ヨッフェ先生
2009年にコンペ決勝大会と第4回福田靖子賞審査で来日してくださった名ピアニスト、ディーナ・ヨッフェ先生が、2011年日本ツアーに合わせて、特別マスタークラスを開講してくださいました。第5回福田靖子賞受賞の小林愛実さん、同優秀賞受賞の尾崎未空さんなど、6名の受講生に、説得力ある演奏をふんだんに盛り込みながら、緻密なレッスンをしてくださいました。親日家でもいらっしゃり、常にあたたかいまなざしで生徒に接するお人柄に触れたことも、若いピアニストたちにとって素晴らしい経験となりました。

日程:2011年11月12日(土) 11時から18時
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ/地図
通訳:深川美奈先生(ロシア語)
主催:一般財団法人福田靖子賞基金
協力:プロ・アルテ・ムジケ、(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)
★受講生と曲目
11:00-
久保山菜摘(2009第4回福田靖子賞選考会奨励賞)
ベートーヴェン:ピアノソナタ第30番ホ長調 Op.109
12:00-
小林愛実(2011第5回福田靖子賞選考会福田靖子賞) 
W.A.モーツァルト:ピアノソナタ ニ長調 K.576
13:00-14:00
昼休憩
14:00-
木村友梨香(2009第4回福田靖子賞選考会奨励賞)
ショパン:幻想曲 ヘ短調 Op.49
15:00-
鯛中卓也(2005ピティナ・ピアノコンペティション特級銅賞)
シューベルト:ピアノソナタ第21番 変ロ長調 D.960
16:00-16:15
休憩
16:15-
中村芙悠子(2009第4回福田靖子賞選考会優秀賞)
ショパン:エチュード ヘ長調 Op.25-3
W.A.モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K.466 第1楽章
17:15-
尾崎未空(2011第5回福田靖子賞選考会優秀賞)
ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調 Op.11 第1楽章

11/28ミシェル・ベロフ先生レッスン受講生公募のご案内

ミシェル・ベロフ先生
フランスを代表するピアニストのひとりで、パリ国立高等音楽院教授としてマスタークラスや国際コンクール審査などでも多忙な日々を過ごす、ミシェル・ベロフ先生の公開レッスンを実施いたします。

レッスンを受講する生徒の受講枠の一部を公募することとなりましたので、ご希望の方は、下記の方法でメールにてお申込みください。

日時 2011年11月28日(月)午前中の枠
会場 <東音>ホール(ピティナ本部事務局内、JR巣鴨駅徒歩すぐ)
主催 一般財団法人福田靖子賞基金(協力:ピティナ)
講師 ミシェル・ベロフ先生(パリ国立高等音楽院教授)
通訳 藤本優子先生(フランス語)
定員 1-2名(先着を考慮しますが、賞歴等による選考をする場合があります)
締切 2011年11月12日(土)(ただし定員に達した場合には早く締め切ります)
受講料 40,000円(税別、通訳料3,000円別)1コマ=60分
その他 レッスンは公開され、一般聴講者が入る場合があります。

◆申込方法
受講生公募は終了しました

メールに、以下の情報を明記のうえ、タイトルを「ベロフ先生レッスン受講申込」とし、event★piano.or.jp(★を@に換えてください)までお送り下さい。折り返し、受講の可否をご連絡します。なお、必ずしも先着順でないため、折り返しのご連絡に多少のお時間を頂戴することがあります。

(1) 受講希望者氏名(ふりがなも)
(2) 受講希望者の年齢または学年
(3) ご連絡先(電話番号とメールアドレス) ※携帯アドレスは返信が拒否されることがあります。「piano.or.jp」ドメインからのアドレス拒否解除をお願いします。
(4) 主な音楽学習歴、コンクール・オーディション等の出場歴・受賞歴
例:A音楽大学ピアノ科1年、2007ピティナピアノコンペティションF級本選奨励賞 等

11/12ディーナ・ヨッフェ先生特別マスタークラス、聴講生限定募集

ヨッフェ先生
2009年にコンペ決勝大会と第4回福田靖子賞審査で来日してくださった名ピアニスト、ディーナ・ヨッフェ先生が、2011年日本ツアーに合わせて、特別マスタークラスを開講してくださることになりました。
ヨッフェ先生は、ロマン派を中心に広範なレパートリーを誇り、今回は、福岡、大阪、名古屋、東京でのコンサートで、定評あるショパンを中心に、その卓越した解釈を披露してくださいます。また、国際コンクール審査・マスタークラスなど後進の指導にも熱心に取り組んでおられ、今回は福田靖子賞・ピティナ入賞者のために、急きょ1日を割いて、マスタークラスを開講してくださることになりました。聴講者を限定募集しますので、ヨッフェ先生の熱い情熱と緻密な音楽作りを体感しに、是非、ご来聴ください。

日程:2011年11月12日(土) 11時から18時
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ/地図
通訳:深川美奈先生(ロシア語)
主催:一般財団法人福田靖子賞基金
協力:プロ・アルテ・ムジケ、(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

聴講料:3,000円(15名程度限定)
受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講申込みは終了しました。当日券はありません。

★受講生と曲目
11:00-
久保山菜摘(2009第4回福田靖子賞選考会奨励賞)
ベートーヴェン:ピアノソナタ第30番ホ長調 Op.109
12:00-
小林愛実(2011第5回福田靖子賞選考会福田靖子賞) 
W.A.モーツァルト:ピアノソナタ ニ長調 K.576
13:00-14:00
昼休憩
14:00-
木村友梨香(2009第4回福田靖子賞選考会奨励賞)
ショパン:幻想曲 ヘ短調 Op.49
15:00-
鯛中卓也(2005ピティナ・ピアノコンペティション特級銅賞)
シューベルト:ピアノソナタ第21番 変ロ長調 D.960
16:00-16:15
休憩
16:15-
中村芙悠子(2009第4回福田靖子賞選考会優秀賞)
ショパン:エチュード ヘ長調 Op.25-3
W.A.モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K.466 第1楽章
17:15-
尾崎未空(2011第5回福田靖子賞選考会優秀賞)
ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調 Op.11 第1楽章
※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

10/16ロバート・レヴィン先生特別マスタークラス実施


<現代のモーツァルト>ロバート・レヴィン先生が、10月16日(日)、超多忙なスケジュールの合間をぬって、<東音>ホールにて特別マスタークラスを開講してくださり、第4回福田靖子賞・2011年度特級グランプリの阪田知樹さん、2010年度ピティナ特級グランプリの梅村知世さんをはじめ、5名の受講生がレッスンを受講しました。また会場には、ピアノ指導者をはじめ熱心な聴講生が、レヴィン先生の深い見識と洞察に基づくレッスンに聞き入りました。

幅広い知識と研究に裏打ちされた楽譜の読み、そこから広がる表現の可能性、そして何よりそれを「音楽を愛し、多くの人々とその喜びを共有する」ことに常に結び付けていくレヴィン先生の音楽への情熱を、5名の受講生と聴講者が感じ取ってくださったことでしょう。


日程:2011年10月16日(日) 12時から18時
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:石川悠子先生(英語)
協力:パシフィック・コンサート・マネジメント、(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

★受講生と曲目

12:00- 實川風(2007ピティナ・ピアノコンペティション特級銅賞)
モーツァルト:グルック「メッカの巡礼」より「愚かな民は思う」による10の変奏曲 ト長調 K.455

13:00- 桑原志織(2011ピティナ・ピアノコンペティションG級ベスト賞) 
モーツァルト:ピアノソナタ第4番変ホ長調 K.282

14:00-15:00 昼休憩

15:00- 梅村知世(2010ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ)
ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番変イ長調 Op.110

16:00- 阪田知樹(2011ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ)
モーツァルト:ピアノソナタ第10番ハ長調 K.330
(※この枠のみ通訳なし)

17:00- 尾崎未空(2010ピティナ・ピアノコンペティションJr.G級金賞)
ショパン:序奏とロンド 変ホ長調 Op.16/エチュード 嬰ト短調 Op.25-6

10/16ロバート・レヴィン先生特別マスタークラス聴講限定募集

レヴィン先生
2010年にピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会審査とピティナ・ピアノフェスティバル「ハイドンとモーツァルト」で来日してくださった、<現代のモーツァルト>ロバート・レヴィン先生が、超多忙のコンサートスケジュールの合間を縫って、急きょマスタークラスをお引き受けくださいました!!
レヴィン先生は、ピリオド楽器奏者、モーツァルト研究者、モーツァルトの未完成作品の補筆作曲者、ハーバード大学教授、そしてバロックから現代まで幅広いレパートリーを持つピアニストとして、世界を飛び回っていらっしゃいます。今回は、クラリネットの名手チャールズ・ナイディックとのコンサートのほか、東京大学での特別講義「モーツァルトと環境学」も予定され、その演奏と博識を披露してくださいます。そんななか、福田靖子賞選考会参加者およびピティナ入賞者のために、急きょ1日を割いて、マスタークラスを開講してくださることになりました。聴講者を限定募集しますので、レヴィン先生一流の「古典派」論を極めに、是非、ご来聴ください。

日程:2011年10月16日(日) 12時から18時
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:石川悠子先生(英語)
主催:一般財団法人福田靖子賞基金
協力:パシフィック・コンサート・マネジメント、(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

聴講料:3,000円(20名限定、先着順)
受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講の募集は終了しました。当日券はありません。

★受講生と曲目

12:00- 實川風(2007ピティナ・ピアノコンペティション特級銅賞)
モーツァルト:グルック「メッカの巡礼」より「愚かな民は思う」による10の変奏曲 ト長調 K.455

13:00- 桑原志織(2011ピティナ・ピアノコンペティションG級ベスト賞) 
モーツァルト:ピアノソナタ第4番変ホ長調 K.282

14:00-15:00 昼休憩

15:00- 梅村知世(2010ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ)
ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番変イ長調 Op.110

16:00- 阪田知樹(2011ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ)
モーツァルト:ピアノソナタ第10番ハ長調 K.330
(※この枠のみ通訳なしの予定です)

17:00- 尾崎未空(2010ピティナ・ピアノコンペティションJr.G級金賞)
ショパン:序奏とロンド 変ホ長調 Op.16/エチュード 嬰ト短調 Op.25-6

18:00頃終了予定



※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

9/19モウラ・カストロ教授公開レッスン実施

2011年9月19日(月・祝)、東京・巣鴨の東音ホールにて、ブラジルの名匠、ルイス・デ・モウラ・カストロ教授公開レッスンが開催されました。カストロ先生の、時に往年の巨匠の思い出話を、時に素敵な演奏をまじえながらのあたたかみ溢れるレッスンを6名が受講し、また、多くの聴講生が熱心に聴講しました。

受講生:関野静音、佐藤元洋、梅村知世、リード希亜奈、今田篤、鐵百合奈(敬称略)

9/19モウラ・カストロ先生、ピティナ入賞者特別レッスン聴講者募集

カストロ教授
ブラジルを代表するピアニスト・ピアノ教授であるルイス・デ・モウラ・カストロ先生の特別公開レッスンを開講いたします。教授は、伝説的な名ピアニスト、リリー・クラウスの招きでテキサス・クリスチャン大学に招かれて以降は、25年以上、アメリカを拠点に活動し、ハートフォード大学音楽学部、ホアン・ペドロ・カレーロ音楽院(バルセロナ)ほか、フライブルク、スイス、ブラジルの音楽院でも後進の指導にあたっており、また、CD録音もメジャーレーベルから20種類以上を発表している現役のピアニストです。また、国際コンクールの審査や国際的なマスタークラスでも幅広く活躍していらっしゃいます。今回は、福田靖子賞選考会参加者およびピティナ入賞者のために、多忙な来日の合間を縫って特別レッスンを開講してくださいます。聴講者を限定募集しますので、是非、ご来聴ください。

日程:2011年9月19日(月/祝) 11時から18時
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:小川英子先生(英語)
主催:一般財団法人福田靖子賞基金 / 広報協力:(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

聴講料:3,000円
受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールにて、タイトルを「9/19カストロ先生レッスン聴講申込み」とし、event@piano.or.jp(@を半角に替えてください)まで、氏名、希望枚数、連絡先(メールorファックス)を明記のうえ、お送りください。折り返し、メールにて受講可否をご連絡いたします。限定人数の募集となります。
※終了いたしました

★受講生と曲目

11:00- 関野静音(2011ピティナ・ピアノコンペティションG級ベスト賞)
ショパン:エチュード 嬰ト短調 Op.25-6
ラフマニノフ:エチュード「音の絵」変ホ短調 Op.39-5

12:00- 佐藤元洋(2011第5回福田靖子賞選考会入選) 
ベートーヴェン:ピアノソナタ第24番嬰ヘ長調 Op.78 「テレーゼ」

13:00-14:00 昼休憩

14:00- 梅村知世(2010ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ)
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番変ロ短調 Op.23 第1楽章

15:00- リード希亜奈(2011ピティナ・ピアノコンペティションG級銀賞)
ショパン:エチュード イ短調 Op.25-11 「木枯らし」
リスト:巡礼の年 第2年への追加 「ヴェネツィアとナポリ」 より 「タランテッラ」

16:00-16:15 休憩

16:15- 今田篤(2010ピティナ・ピアノコンペティション特級銀賞)
リスト:ピアノソナタ ロ短調

17:15- 鐵百合奈(2011ピティナ・ピアノコンペティションG級銅賞)
リスト:超絶技巧練習曲第5番変ロ長調「鬼火」、第6番ト短調「幻影」
(※この枠のみ通訳なし)

※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

第5回福田靖子賞選考会入賞者の演奏をアップしました

第5回福田靖子賞選考会の入賞者、小林愛実さん(福田靖子賞)、尾崎未空さん・本山麻優子さん(優秀賞)の演奏が、全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)のホームページにアップされました。

詳細はこちら

8/27ブラギンスキー先生、特別レッスン実施

第5回福田靖子賞選考会終了後、わざわざ1日滞在を延長して、ミネソタe-Piano competition音楽監督のアレキサンダー・ブラギンスキー先生による公開レッスンが実施されました。

ロシアの伝統的なピアニズムと、ユニバーサルな解釈が融合したブラギンスキー先生のレッスンは、スケールが大きく、受講生を包み込むようなあたたかさに満ちています。若いピアニストたちへの教育活動をライフワークに据える教授らしいマスタークラスに、受講生・聴講生の満足度も高く、充実のマスタークラスとなりました。

◆日時 2011年8月27日(土)11時-18時
◆会場 <東音>ホール(巣鴨)
◆講師 アレキサンダー・ブラギンスキー先生(ミネソタ大学音楽学部教授)
◆通訳 千田直子先生

受講生:中村芙悠子、小塩真愛、仁田原祐、牛田智大、木村友梨香、金子淳

第5回福田靖子賞選考会の結果

2011年23、24、26日の3日間、上野学園にて第5回福田靖子賞選考会が開催されました。結果は下記の通りです。
福田靖子賞(奨学金100万円) 小林愛実
優秀賞(奨学金30万円)    尾崎未空
優秀賞(奨学金30万円)    本山麻優子
当日の様子は、ピティナのwebサイトで紹介されました。

奨学金は、英語検定試験の結果提出後に支払い予定です。

8/25ウィリアム・ナボレ先生、特別レッスン実施

第5回福田靖子賞選考会の中日である8月25日(木)、イタリア・コモ湖国際ピアノアカデミーを主宰するウィリアム・グラント・ナボレ先生による公開レッスンが実施されました。

すさまじい頭の回転と耳の良さで、矢継ぎ早に繰り出されるナボレ先生の指摘・コメントはすべてが的確で、圧倒的な音楽力をこれでもかというほど示していきます。こういう難しい時期だからこそ、何かを伝えるために日本に来たかったと仰るナボレ先生の、教育にかける情熱、若いピアニストたちに託す思いに満ちたマスタークラスとなりました。

◆日時 2011年8月25日(木)11時-18時
◆会場 <東音>ホール(巣鴨)
◆講師 ウィリアム・グラント・ナボレ先生(伊・コモ湖国際ピアノアカデミー主宰)
◆通訳 石川悠子先生(ピアニスト)

受講生:阪田知樹、梅村知世、鯛中卓也、矢野雄太、桑原志織、小林海都

8/27ブラギンスキー先生、特別レッスン聴講限定募集

アレキサンダー・ブラギンスキー
米ミネアポリスで今急速に知名度を上げている国際コンクール「ミネソタ国際 e-Piano コンペティション」の創設者・音楽監督を務める、アレキサンダー・ブラギンスキー先生(ミネソタ大学音楽学部教授)の特別レッスンを公開いたします。ブラギンスキー先生は、ロシアン・ピアニズムの伝説的な名教師アレクサンドル・ゴリデンヴェイゼルの最晩年の愛弟子として、12年を共に過ごし、その伝統を受け継ぎながら、アメリカに拠点を移して、ユニバーサルなスタイルを身に付けた、アメリカを代表するピアノ教授のひとりです。今回は、福田靖子賞選考会参加者及びピティナ入賞者のために、審査・選考会レッスンの後、滞在を延ばして、特別レッスンを開講してくださいます。聴講者を限定募集しますので、是非、ご来聴ください。

日程:2011年8月27日(土) 11時から18時
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:千田直子先生(英語)
主催:一般財団法人福田靖子賞基金 / 広報協力:(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

聴講料:3,000円
受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールにて、タイトルを「8/27ブラギンスキー先生レッスン聴講申込み」とし、event@piano.or.jp(@を半角に替えてください)まで、氏名、希望枚数、連絡先(メールorファックス)を明記のうえ、お送りください。折り返し、メールにて受講可否をご連絡いたします。限定人数の募集となります。
※終了いたしました

★受講生と曲目

11:00- 中村芙悠子(09福田靖子賞第2位)
スクリャービン:ピアノソナタ第2番嬰ト短調 Op.19 「幻想ソナタ」

12:00- 牛田智大(09E級ベスト賞) 
シューベルト:即興曲 変ロ長調 Op.142-3
ショパン:序奏とロンド Op.16

13:00-14:00 昼休憩

14:00- 木村友梨香(09福田靖子賞奨励賞)
ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番変ロ短調 Op.36 (1931年改訂版)

15:00- 金子淳(10特級銅賞)
ラフマニノフ:練習曲集「音の絵」よりイ短調 Op.39-6
ショパン:スケルツォ第3番嬰ハ短調 Op.39

16:00-16:15 休憩

16:15- 小塩真愛(07福田靖子賞奨励賞)
リスト:巡礼の年第2年「イタリア」より「ダンテを読んで ソナタ風幻想曲」

17:15- 仁田原祐(08G級金賞)
シューベルト:ピアノソナタ第20番イ長調 D.959

18:15頃終了予定

※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

8/25ウィリアム・ナボレ先生、特別レッスン聴講者募集

ウィリアム・グラント・ナボレ
今、世界でもっともレベルの高い生徒が集う、イタリアの「コモ湖国際ピアノアカデミー」。講師には、レオン・フライシャー、フー・ツォン、ドミトリー・バシュキーロフら世界最高のピアニストたちが名を連ね、生徒には、ユリアンナ・アヴデーエヴァ(2010ショパン国際優勝)、デニス・コジュヒン(2010エリザベート王妃優勝)、マルティナ・フィリャク(2009クリーヴランド国際優勝)など、最高レベルの国際コンクール優勝者がずらりと顔を揃えます。このアカデミーをアルゲリッチとともに創設し、今も主宰をつとめるウィリアム・グラント・ナボレ教授のレッスンを特別に開講し、福田靖子賞選考会およびピティナの最高レベルの入賞者が受講いたします。聴講者を募集いたしますので、世界トップクラスのレッスンを間近で見学することのできるこの機会、是非お申込下さい。

日程:2011年8月25日(木) 10時から18時
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:石川悠子先生(ピアニスト、英語)
主催:一般財団法人福田靖子賞基金 / 広報協力:(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

聴講料:3,000円
受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールにて、タイトルを「8/25ナボレ先生レッスン聴講申込み」とし、event@piano.or.jp(@を半角に替えてください)まで、氏名、希望枚数、連絡先(メールorファックス)を明記のうえ、お送りください。折り返し、メールにて受講可否をご連絡いたします。限定人数の募集となります。 ※終了いたしました

★受講生と曲目

10:00- 桑原志織(2011ピティナ・ピアノコンペティションG級ベスト賞)
ラヴェル:夜のガスパール より スカルボ

11:00- 小林海都(2010ピティナ・ピアノコンペティションJr.G級銅賞) 
ショパン:バラード第4番 ヘ短調 Op.52
※エキエル版を参照したレッスンとなる予定です。

12:00-12:15 小休憩

12:15- 梅村知世(2010ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ)
ショパン:24のプレリュード Op.28(抜粋)
※エキエル版を参照したレッスンとなる予定です。


13:15-15:00 昼休憩(会場の都合上、変則的に長い昼休みとなっております)

15:00- 阪田知樹(2011特級グランプリ、2009第4回福田靖子賞(第1位))
ラヴェル:夜のガスパール より オンディーヌ
ショパン:エチュード イ短調 Op.10-2
リスト:超絶技巧練習曲集第5番「鬼火」

16:00- 矢野雄太(2009ピティナ・ピアノコンペティションG級金賞)
リスト:巡礼の年第1年「スイス」 より 「オーベルマンの谷」

17:00- 鯛中卓也(2005ピティナ・ピアノコンペティション特級銅賞)
シューマン:クライスレリアーナOp.16

18:00頃終了予定

※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

選考会聴講チケットカード決済

※下記、該当する日程のなかから、チケット種別をお選びいただき、「カートへ追加」ボタンををクリックして、クレジットカード決済画面に進みます。

※このカード決済には、PayPalのシステムを使用しています。ユーザー登録なしでもクレジットカード決済が可能です。「カートに追加」を押したあとの画面で「チェックアウト」ボタンを押して購入に進み、「PayPalアカウントをお持ちでない場合」を選択して購入に進んでください。

日程・内容支払ボタン
8/23(火)レッスン聴講
8/23(火)レッスン聴講
8/24(水)レッスン聴講
8/24(水)レッスン聴講
8/26(金)最終審査会入場券
8/26(金)最終審査会入場券

第5回選考会 スケジュールと曲目

◆ レッスンスケジュール(上野学園大学 東京・上野)
ブラギンスキー先生
10F 第1リハーサル室
ナボレ先生
13F 1305教室
ズィドロン先生
12F 第2リハーサル室
8月23日(火)
10:30~11:30太田 沙耶久末 航小林 愛実
11:45~12:45尾崎 未空水本 明莉佐藤 元洋
14:00~15:00小嶋 稜本山 麻優子中川 真耶加
15:15~16:15小林 愛実太田 沙耶久末 航
16:30~17:30佐藤 元洋尾崎 未空水本 明莉
8月24日(水)
10:30~11:30中川 真耶加小嶋 稜本山 麻優子
11:45~12:45久末 航小林 愛実太田 沙耶
14:00~15:00水本 明莉佐藤 元洋尾崎 未空
15:15~16:15本山 麻優子中川 真耶加小嶋 稜
◆最終審査会スケジュール(予定)
8月26日(金) 上野学園 石橋メモリアルホール
13:00-14:30 【第1グループ(3名)審査】 (演奏順は8月中旬に抽選・発表)
休憩
15:00-16:30 【第2グループ(3名)審査】 (演奏順は8月中旬に抽選・発表)
休憩
17:00-18:30 【第3グループ(3名)審査】 (演奏順は8月中旬に抽選・発表)
18:30-19:10 審査会議
19:10-19:30 結果発表・表彰式
19:30-21:30 懇親会



◆ レッスン&最終審査会演奏曲目

第5回選考会 レッスン&最終審査会聴講募集

概要| レッスン&最終審査会聴講募集| 最終選考進出者スケジュールと曲目チケットカード決済
[主催]一般財団法人福田靖子賞基金/[広報・運営協力]社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)
[会場協力] 学校法人上野学園(上野学園 石橋メモリアルホール)
日程
レッスン:2011.8.23(Tue) 24(Wed)
最終審査会(コンサート):2011.8.26(Fri)
会場
レッスン:上野学園大学(東京・上野) レッスン室
最終審査会:上野学園 石橋メモリアルホール(東京・上野)
聴講&入場チケット申込方法
一般 PTNA会員 学生 PTNA学生会員
レッスン聴講券(23~24/各日) 4,000 3,000 2,000 1,500
最終審査会入場券 2,000 1,500 1,500 1,000
ピティナ決勝大会期間に入るため、予約は8/15までとなります。
当日券も販売予定です
指導陣(海外招聘審査員)
アレキサンダー・ブラギンスキー
アレキサンダー・ブラギンスキー教授
Prof. Alexander Braginsky
アメリカ/ミネソタ大学音楽学部教授、ミネソタ国際Piano-e-competition芸術監督
アレキサンダー・ブラギンスキー教授は、ロシアン・ピアニズムの系譜にあり、伝説的なロシアのピアニスト・ピアノ教師、アレキサンドル・ゴリデンヴェイゼル教授の最終期の弟子として、12年を共に過ごした。現在は、アメリカに活動の拠点を移し、ミネソタ音楽大学で教鞭をとる傍ら、若いピアニストの育成と支援を活動の一つの核に据えて取り組んでいる。急速に知名度を伸ばしている国際コンクールPiano-e-competitionの創立者として芸術監督を務めるほか、昨年のパデレフスキ国際など多くの国際コンクールを審査し、マスタークラスで指導している。
ウィリアム・グラント・ナボレ
ウィリアム・グラント・ナボレ教授
Prof.William Grant Nabore
アメリカ/伊・コモ湖国際ピアノアカデミー主宰
ウィリアム・グラント・ナボレ教授は、マルタ・アルゲリッチとともにコモ湖国際ピアノアカデミーの設立に携わり、現在も主宰を務めている。そこには、フー・ツォン、レオン・フライシャー、マレイ・ペライア、ドミトリー・バシュキーロフら、世界最高の教授陣が招聘され、また、ユリアンナ・アヴデーエヴァ(2010ショパン国際優勝)、デニス・コジュヒン(2010エリザベート王妃国際優勝)、マルティナ・フィリャク(2009クリーヴランド国際優勝)ら、世界の国際コンクールの優勝者・入賞者が最高レベルで音楽の議論を交わしている。ナボレ教授は、このアカデミーの生徒たちの信任厚く指導を重ねるほか、スイスのルガーノ、ロシアのサンクトペテルスブルク等でも教授を務める。演奏においても、ソロのほか、特に室内楽において高い評価を得ている。
カタジーナ・ポポヴァ=ズィドロン教授
カタジーナ・ポポヴァ=ズィドロン教授
Prof. Katarzyna Popowa-Zydron
ポーランド/ビドゴシチ音楽院教授
カタジーナ・ポポヴァ=ズィドロン教授は、何よりも2005年ショパン国際ピアノコンクールで圧倒的な優勝を飾ったラファウ・ブレハッチの恩師として知られており、これらの功績を認められ、2010年の同コンクールでは自らが審査員に名を連ね、またポーランド人唯一のファイナリストを輩出した。ポーランド、ウィーン等でアレキサンダー・イエンナー、ディーター・ツェヒリンといった名教授から指導を受け、古典派・ロマン派の作品を中心に幅広い演奏活動を行った。現在は、グダンスク及びビドゴシチの音楽院を拠点に指導を行うとともに、世界中のマスタークラスに招待され、2010年だけでもショパン国際、パデレフスキ国際などで審査を経験した。
当初、審査が予定されておりましたベルント・ゲツケ教授(ドイツ)は、健康上の理由により来日キャンセルとなりました。交代で、ウィリアム・ナボレ教授(伊・コモ湖国際ピアノアカデミー主宰/アメリカ)が決定しました。

お問合せ
一般財団法人福田靖子賞基金/(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)
「福田靖子賞選考会聴講」係(担当:加藤)
TEL 03-3944-1583/FAX 03-3944-8838/
Email event@piano.or.jp(全角@⇒半角@に変えてお送りください。)

5/28ミハイル・ヴォスクレセンスキー先生公開レッスンレポート

2011年5月28日に実施したミハイル・ヴォスクレセンスキー先生公開レッスンの様子をご報告します。
一般社団法人国際育英文化協会のホール協賛により、本公開レッスンを実施することができました。東京メトロ南北線の赤羽岩淵駅の真上にあるメトロAIビルの6階がモーツァルトサロンです。1階にはmetro caféでぐち弐番という美味しいレストランがあります。
阪田知樹
梅村知世

木村友梨香
中村芙悠子
矢野雄太
小塩真愛

パデレフスキ―国際ピアノアカデミー(ポーランド)

パデレフスキ―国際ピアノアカデミー
Paderewski Piano Academy 2011

●日時:2011年8月7日~14日(第1部)/14日~21日(第2部)
●場所:ビドゴシチ、ポーランド
●概要:協奏曲のマスタークラス(指定曲12曲より選択、リハーサル4回・レッスン5回・ガラコンサート)、オーケストラとの共演 ※リハーサル、レッスンは各30分
●講師:アンジェイ・ヤシンスキー(第1部)、イリヤ・シェプス(第1・2部)、ロバート・マクドナルド(第2部)
●受入数:各部12名ずつ
●料金:1,290ユーロ(マスタークラス・練習・レッスン料・宿泊費・食費・国内交通費込み)
●応募締切:2011年6月1日
●問い合わせ先:info@paderewskipianoacademy.eu
http://www.paderewskipianoacademy.eu/

ロー磨秀さんがパリ国立高等音楽院に留学予定

4月28日、ロー磨秀さん(第3回福田靖子賞)にピティナ本部事務局員採用の説明会にて演奏して頂きました。

今年の9月からパリ国立高等音楽院に留学が決まっているそうです。

5/28ミハイル・ヴォスクレセンスキー先生公開レッスンのご案内

★日時:2011年5月28日(土)11:00-18:15
★会場:モーツァルト・サロン (赤羽岩淵駅2番出口から徒歩0分 / JR赤羽駅徒歩8分)
★講師:ミハイル・ヴォスクレセンスキー先生
★通訳:朴久玲先生
★聴講料:3,000円
★申込方法
メールにて、タイトルを「ヴォスクレセンスキー先生レッスン聴講申込み」とし、氏名、連絡先(電話、メールorFAX)、聴講希望人数を明記して、event@piano.or.jpまでお申込みください。折り返し、受講の可否、聴講料金のお振込み方法などについて、ご案内申し上げます。
★受講生と曲目
11:00- 矢野雄太(2009ピティナ・ピアノコンペティションG級金賞、東京芸術大学1年)
ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番変ロ短調 Op.36 (1931年版)
12:00- 中村芙悠子(2009第4回福田靖子賞選考会優秀賞(第2位)、昭和音楽大学1年
ショパン:幻想曲 ヘ短調 Op.49
13:00-14:00 昼休憩
14:00- 小塩真愛(2007第3回福田靖子賞選考会奨励賞、東京芸術大学3年)
プロコフィエフ:ピアノソナタ第7番変ロ長調 Op.83 「戦争ソナタ」
15:00- 木村友梨香(2009第4回福田靖子賞選考会奨励賞、東京音楽大学1年)
ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番変ロ短調 Op.36 (1931年版)
16:00-16:15 休憩
16:15- 阪田知樹(2009第4回福田靖子賞選考会福田靖子賞(第1位)、東京芸大附属音楽高3年)
ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番変ロ短調 Op.36 (1931年版)
17:15- 梅村知世(2010ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、東京芸術大学大学院1年)
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」
18:15頃終了予定
※当初発表のレッスンスケジュールと一部変更になっております(11時と14時の受講生の交代)。予めご了承ください。


※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

第5回選考会 最終選考進出者発表

2011年度、第5回福田靖子賞選考会の書類選考には、過去最多の32名にご応募いただきました。ご応募誠にありがとうございました。選考委員の厳正な書類選考により、下記の9名が8月に行われる最終選考(レッスン+最終審査演奏)に進出いたしました。
8月23-24日のレッスン、および8月26日の最終審査会(公開演奏審査)の聴講入場券は、6月中旬より発売する予定です。

福田靖子賞選考会の主催が当財団に移管

4月14日のピティナ役員会にて、福田靖子賞選考会の主催が当財団に移管されることになりました。引き続き、ピティナには運営・広報協力をして頂きます。

第5回福田靖子賞選考会の最終選考進出者発表!

2011年度、第5回福田靖子賞選考会の書類選考には、過去最多の32名にご応募いただきました。ご応募誠にありがとうございました。選考委員の厳正な書類選考により、下記の9名が8月に行われる最終選考(レッスン+最終審査演奏)に進出いたしました。詳細は、こちら

太田沙耶、尾崎未空、小嶋稜、小林愛実、佐藤元洋、中川真耶加、久末航、水本明莉、本山麻優子

佐藤元洋君がパリ研修会から帰国

2011年3月20日から27日にパリの研修会に参加して帰国した佐藤元洋君が、ピティナ本部事務局に立ち寄ってくれました。
1週間の研修なのに1ヶ月くらいいたような気がするくらい充実したものになったとのこと。これらよい刺激になれば幸いです。

ポーランド国際音楽祭inナウェンチェフ

http://www.summermusicfestival.info/festival_004.htm
ピティナ正会員のマック・トモコ先生ご夫妻がポーランドで開催している研修音楽祭で、昨年からピティナ特級グランプリ受賞者をコンチェルトのソリストとしてご招待頂いている。

開催日時 2011年7月4-15日
参加料  EUR 1000    宿泊費,1日 3回  の食事代.込み
申込締切 2011年 6月 1日
必須曲目
   1.  Poland  の作曲家. (Chopin, Szymanowski, Zarębski or Paderewski) によるピアノ曲 を1曲 .
   2. 以下のバ口ックまたは古典派のピアノ協奏曲から任意の作品を1曲.
          Bach D Minor, F Minor, G Minor
          Haydn D Major
          Mozart KV 175, 238, 246, 271, 413, 414.

ピアナーレ・ジュニア ピアノアカデミー(ドイツ)

ピアナーレ・ジュニア ピアノアカデミー
 Pianale Junior Piano Academy
日時:2011年7月16日~26日
場所:ハレンブルグ城、シュルツ(ドイツ)
概要:ピアノ・マスタークラス、語学研修、コンサート
年齢:12~17歳
講師:グリゴリー・グズマン、バーバラ・ズツェパンスカ、ウタ・ワイヤント他
料金:€250(ピアノ)、€80(語学)、€360(10日間滞在費・食事付)等
奨学金:有。授業料免除(修了コンサートで判定・授与)
応募締切:2011年6月15日
問い合わせ先:academy@pianale-junior.com

ピアナーレ・ピアノ アカデミー(ドイツ)

ピアナーレ・ピアノ アカデミー
 Pianale Piano Academy

日時:2011年8月12日~27日
場所:ハレンブルグ城、シュルツ(ドイツ)
概要:ピアノ・マスタークラス、語学研修、コンサート
年齢:18~32歳
講師:ホアキン・ソリアーノ、海老彰子、ウタ・ワイヤント他
奨学金:有。ピアノ&語学授業料免除(セミファイナリスト)、コース料金&滞在費・上限€1000渡航費免除(ファイナリスト)
料金:€325(ピアノ)、€95(語学)、€540(15日間滞在費・食事付)等
応募締切:2011年7月20日
問い合わせ先:academy@pianale.com

ムジカ・ムンディ室内楽研修会&音楽祭(ベルギー)

ムジカ・ムンディ 若い音楽家のための室内楽研修会&音楽祭
 Musica Mundi Chamber Course & Festival for Young Musicians

日時:2011年7月17日~31日
場所:ベルギー *会場
概要:室内楽マスタークラス、演奏会、近郊散策、交流等
年齢:10~18歳
講師及びゲストアーティスト:イヴリー・ギトリス、マキシム・ベンゲーロフ、イタマール・ゴラン、ハッシド=ケルベル他
奨学金:有(応募時に審査)
料金:€1300(15日間滞在費・食費・受講料全て込)
締切:2011年4月15日 *詳細
問い合わせ先:Mme Hagit Hassid-Kerbel
info@musicamundi.org

第5回福田靖子賞選考会応募受付終了

第5回福田靖子賞選考会の参加受付は終了致しました。前回までを大幅に上回るご応募を頂きありがとうございました。近々、審査員の先生方と厳正な書類選考を行う予定にしております。

第5回福田靖子賞選考会応募受付開始

ピティナ主催の第5回福田靖子賞選考会が、2011年1月24日(月)より受付開始しております。2011年2月28日(月) までの受付となっていますので、奮ってご応募下さい。