8/27ブラギンスキー先生、特別レッスン実施

第5回福田靖子賞選考会終了後、わざわざ1日滞在を延長して、ミネソタe-Piano competition音楽監督のアレキサンダー・ブラギンスキー先生による公開レッスンが実施されました。

ロシアの伝統的なピアニズムと、ユニバーサルな解釈が融合したブラギンスキー先生のレッスンは、スケールが大きく、受講生を包み込むようなあたたかさに満ちています。若いピアニストたちへの教育活動をライフワークに据える教授らしいマスタークラスに、受講生・聴講生の満足度も高く、充実のマスタークラスとなりました。

◆日時 2011年8月27日(土)11時-18時
◆会場 <東音>ホール(巣鴨)
◆講師 アレキサンダー・ブラギンスキー先生(ミネソタ大学音楽学部教授)
◆通訳 千田直子先生

受講生:中村芙悠子、小塩真愛、仁田原祐、牛田智大、木村友梨香、金子淳

第5回福田靖子賞選考会の結果

2011年23、24、26日の3日間、上野学園にて第5回福田靖子賞選考会が開催されました。結果は下記の通りです。
福田靖子賞(奨学金100万円) 小林愛実
優秀賞(奨学金30万円)    尾崎未空
優秀賞(奨学金30万円)    本山麻優子
当日の様子は、ピティナのwebサイトで紹介されました。

奨学金は、英語検定試験の結果提出後に支払い予定です。

8/25ウィリアム・ナボレ先生、特別レッスン実施

第5回福田靖子賞選考会の中日である8月25日(木)、イタリア・コモ湖国際ピアノアカデミーを主宰するウィリアム・グラント・ナボレ先生による公開レッスンが実施されました。

すさまじい頭の回転と耳の良さで、矢継ぎ早に繰り出されるナボレ先生の指摘・コメントはすべてが的確で、圧倒的な音楽力をこれでもかというほど示していきます。こういう難しい時期だからこそ、何かを伝えるために日本に来たかったと仰るナボレ先生の、教育にかける情熱、若いピアニストたちに託す思いに満ちたマスタークラスとなりました。

◆日時 2011年8月25日(木)11時-18時
◆会場 <東音>ホール(巣鴨)
◆講師 ウィリアム・グラント・ナボレ先生(伊・コモ湖国際ピアノアカデミー主宰)
◆通訳 石川悠子先生(ピアニスト)

受講生:阪田知樹、梅村知世、鯛中卓也、矢野雄太、桑原志織、小林海都

8/27ブラギンスキー先生、特別レッスン聴講限定募集

アレキサンダー・ブラギンスキー
米ミネアポリスで今急速に知名度を上げている国際コンクール「ミネソタ国際 e-Piano コンペティション」の創設者・音楽監督を務める、アレキサンダー・ブラギンスキー先生(ミネソタ大学音楽学部教授)の特別レッスンを公開いたします。ブラギンスキー先生は、ロシアン・ピアニズムの伝説的な名教師アレクサンドル・ゴリデンヴェイゼルの最晩年の愛弟子として、12年を共に過ごし、その伝統を受け継ぎながら、アメリカに拠点を移して、ユニバーサルなスタイルを身に付けた、アメリカを代表するピアノ教授のひとりです。今回は、福田靖子賞選考会参加者及びピティナ入賞者のために、審査・選考会レッスンの後、滞在を延ばして、特別レッスンを開講してくださいます。聴講者を限定募集しますので、是非、ご来聴ください。

日程:2011年8月27日(土) 11時から18時
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:千田直子先生(英語)
主催:一般財団法人福田靖子賞基金 / 広報協力:(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

聴講料:3,000円
受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールにて、タイトルを「8/27ブラギンスキー先生レッスン聴講申込み」とし、event@piano.or.jp(@を半角に替えてください)まで、氏名、希望枚数、連絡先(メールorファックス)を明記のうえ、お送りください。折り返し、メールにて受講可否をご連絡いたします。限定人数の募集となります。
※終了いたしました

★受講生と曲目

11:00- 中村芙悠子(09福田靖子賞第2位)
スクリャービン:ピアノソナタ第2番嬰ト短調 Op.19 「幻想ソナタ」

12:00- 牛田智大(09E級ベスト賞) 
シューベルト:即興曲 変ロ長調 Op.142-3
ショパン:序奏とロンド Op.16

13:00-14:00 昼休憩

14:00- 木村友梨香(09福田靖子賞奨励賞)
ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番変ロ短調 Op.36 (1931年改訂版)

15:00- 金子淳(10特級銅賞)
ラフマニノフ:練習曲集「音の絵」よりイ短調 Op.39-6
ショパン:スケルツォ第3番嬰ハ短調 Op.39

16:00-16:15 休憩

16:15- 小塩真愛(07福田靖子賞奨励賞)
リスト:巡礼の年第2年「イタリア」より「ダンテを読んで ソナタ風幻想曲」

17:15- 仁田原祐(08G級金賞)
シューベルト:ピアノソナタ第20番イ長調 D.959

18:15頃終了予定

※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

8/25ウィリアム・ナボレ先生、特別レッスン聴講者募集

ウィリアム・グラント・ナボレ
今、世界でもっともレベルの高い生徒が集う、イタリアの「コモ湖国際ピアノアカデミー」。講師には、レオン・フライシャー、フー・ツォン、ドミトリー・バシュキーロフら世界最高のピアニストたちが名を連ね、生徒には、ユリアンナ・アヴデーエヴァ(2010ショパン国際優勝)、デニス・コジュヒン(2010エリザベート王妃優勝)、マルティナ・フィリャク(2009クリーヴランド国際優勝)など、最高レベルの国際コンクール優勝者がずらりと顔を揃えます。このアカデミーをアルゲリッチとともに創設し、今も主宰をつとめるウィリアム・グラント・ナボレ教授のレッスンを特別に開講し、福田靖子賞選考会およびピティナの最高レベルの入賞者が受講いたします。聴講者を募集いたしますので、世界トップクラスのレッスンを間近で見学することのできるこの機会、是非お申込下さい。

日程:2011年8月25日(木) 10時から18時
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:石川悠子先生(ピアニスト、英語)
主催:一般財団法人福田靖子賞基金 / 広報協力:(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

聴講料:3,000円
受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールにて、タイトルを「8/25ナボレ先生レッスン聴講申込み」とし、event@piano.or.jp(@を半角に替えてください)まで、氏名、希望枚数、連絡先(メールorファックス)を明記のうえ、お送りください。折り返し、メールにて受講可否をご連絡いたします。限定人数の募集となります。 ※終了いたしました

★受講生と曲目

10:00- 桑原志織(2011ピティナ・ピアノコンペティションG級ベスト賞)
ラヴェル:夜のガスパール より スカルボ

11:00- 小林海都(2010ピティナ・ピアノコンペティションJr.G級銅賞) 
ショパン:バラード第4番 ヘ短調 Op.52
※エキエル版を参照したレッスンとなる予定です。

12:00-12:15 小休憩

12:15- 梅村知世(2010ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ)
ショパン:24のプレリュード Op.28(抜粋)
※エキエル版を参照したレッスンとなる予定です。


13:15-15:00 昼休憩(会場の都合上、変則的に長い昼休みとなっております)

15:00- 阪田知樹(2011特級グランプリ、2009第4回福田靖子賞(第1位))
ラヴェル:夜のガスパール より オンディーヌ
ショパン:エチュード イ短調 Op.10-2
リスト:超絶技巧練習曲集第5番「鬼火」

16:00- 矢野雄太(2009ピティナ・ピアノコンペティションG級金賞)
リスト:巡礼の年第1年「スイス」 より 「オーベルマンの谷」

17:00- 鯛中卓也(2005ピティナ・ピアノコンペティション特級銅賞)
シューマン:クライスレリアーナOp.16

18:00頃終了予定

※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。