8/27ブラギンスキー先生、特別レッスン聴講限定募集

アレキサンダー・ブラギンスキー
米ミネアポリスで今急速に知名度を上げている国際コンクール「ミネソタ国際 e-Piano コンペティション」の創設者・音楽監督を務める、アレキサンダー・ブラギンスキー先生(ミネソタ大学音楽学部教授)の特別レッスンを公開いたします。ブラギンスキー先生は、ロシアン・ピアニズムの伝説的な名教師アレクサンドル・ゴリデンヴェイゼルの最晩年の愛弟子として、12年を共に過ごし、その伝統を受け継ぎながら、アメリカに拠点を移して、ユニバーサルなスタイルを身に付けた、アメリカを代表するピアノ教授のひとりです。今回は、福田靖子賞選考会参加者及びピティナ入賞者のために、審査・選考会レッスンの後、滞在を延ばして、特別レッスンを開講してくださいます。聴講者を限定募集しますので、是非、ご来聴ください。

日程:2011年8月27日(土) 11時から18時
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:千田直子先生(英語)
主催:一般財団法人福田靖子賞基金 / 広報協力:(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

聴講料:3,000円
受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールにて、タイトルを「8/27ブラギンスキー先生レッスン聴講申込み」とし、event@piano.or.jp(@を半角に替えてください)まで、氏名、希望枚数、連絡先(メールorファックス)を明記のうえ、お送りください。折り返し、メールにて受講可否をご連絡いたします。限定人数の募集となります。
※終了いたしました

★受講生と曲目

11:00- 中村芙悠子(09福田靖子賞第2位)
スクリャービン:ピアノソナタ第2番嬰ト短調 Op.19 「幻想ソナタ」

12:00- 牛田智大(09E級ベスト賞) 
シューベルト:即興曲 変ロ長調 Op.142-3
ショパン:序奏とロンド Op.16

13:00-14:00 昼休憩

14:00- 木村友梨香(09福田靖子賞奨励賞)
ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番変ロ短調 Op.36 (1931年改訂版)

15:00- 金子淳(10特級銅賞)
ラフマニノフ:練習曲集「音の絵」よりイ短調 Op.39-6
ショパン:スケルツォ第3番嬰ハ短調 Op.39

16:00-16:15 休憩

16:15- 小塩真愛(07福田靖子賞奨励賞)
リスト:巡礼の年第2年「イタリア」より「ダンテを読んで ソナタ風幻想曲」

17:15- 仁田原祐(08G級金賞)
シューベルト:ピアノソナタ第20番イ長調 D.959

18:15頃終了予定

※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。