当財団が公益財団法人に認定されました

2010年11月10日(福田靖子10回目の命日)に一般財団法人として設立された当財団は、2011年12月15日、内閣府より公益財団法人の認定を受け、公示されました。今後、若いピアニストたちに国際的な学習機会を提供し、将来の日本の音楽文化を担う人材の育成に努めてまいります。

内閣府からの公示はこちら(内閣府公益法人informationのページ)

なお、公益財団法人化に伴い、新たに、音楽業界において深い見識を持つ以下の3名が理事に就任いたしました。

★新理事
梅津 時比古 毎日新聞社 編集局学芸部 専門編集委員
関田 正幸  (株)ジャパン・アーツ取締役副会長
西巻 正史  (株)トッパンホール企画制作部長

当財団の組織についてはこちら