第6回福田靖子賞 応募要項

第6回福田靖子賞

[主催]公益財団法人福田靖子賞基金/[広報協力] 一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

「福田靖子賞」は、ピティナ創立者、故福田靖子の遺志により、日本の音楽業界を支えていくであろう若いピアニストたちが世界で活躍するための資金として活用していただくことを目的とした奨学金で、2年に1回選考会を実施しています。書類選考後、海外の一流教授陣によるレッスンと最終審査会での演奏を総合した審査により、奨学金100万円の授与者を決定します。選考会入賞者・参加者には、フォローアップレッスンや海外学習のアドバイスなど実施後にも様々なフォローが行われます。2013年、第6回の応募要項は以下の通りです。

1.参加資格

1995年4月2日以降誕生の者(2013年4月1日時点で17歳以下)
ピティナ・ピアノコンペティションソロ部門C級以上で全国決勝大会ベスト賞以上の受賞経験者。またはそれに準じる全国規模のピアノコンクール及び国際ピアノコンクールでの入賞者。


2.審査方法・日程

選抜は、書類選考→レッスン→最終審査会 の3段階で行う。

(1)書類選考

所定の書式により、応募者全員の書類を精査。原則として9名の通過者を選出。

要項発表 2013年12月7日(金)
応募締切 2013年3月11日(月)(消印有効)
通過者発表 2013年3月31日(予定)
(選考は、2013年3月中にピティナ本部事務局にて実施される予定)
選考結果は、応募者全員に通知される。
書類選考通過者に、レッスン及び最終審査会の詳細を案内する。書類選考への応募は無料、レッスン及び最終審査に進出した後、審査料50,000円が必要。
(2)レッスン

3名の海外招聘審査員と9名の参加者による総当たりのレッスンで、参加者の音楽的能力、将来性等を確認。

日程 2013年8月23日(金)および24日(土)10時~18時頃予定
会場 都内音楽大学レッスン室予定
(3)最終審査会

1人30分程度のプログラムにより9名全員が演奏。最終的な評価と順位決定を行う。

日程 2013年8月26日(月)11時~17時頃予定
会場 台東区生涯学習センター ミレニアムホール(東京・上野)
終演後、結果発表・表彰式(一般公開)および懇親会(関係者のみ)を予定。

3.奨学金

奨学金100万円(2011年実績)を福田靖子賞(第1位)受賞者に授与

最終選考後、福田靖子賞原則1名を選出。受賞者は、海外で勉強する目的・渡航先・期間等を明確にし、公益財団法人福田靖子賞基金事務局へ報告することが義務づけられる。
2位以下の3名程度にも、奨学金が与えられる場合がある。これらは、賞金としてではなく、海外のアカデミー・研修会・音楽祭等への渡航費・滞在費補助として、実際の渡航が決定した際に支給される。補助対象となるアカデミー・研修会は、公益財団法人福田靖子賞基金事務局で、内容・意義・規模・主催者その他の要素を考慮し、その都度審査または紹介して、支給の可否を決定する。
福田靖子賞及び入賞者の奨学金授与は、実用英語検定(英検)3級以上を取得している者(またはそれに準ずる英語力を確実に有する者)を対象とする。(選考会参加の時点で取得している必要はないが、奨学金授与には資格が必要)

4.課題曲(レッスン、最終審査会)
(1)レッスン

レッスンでは、3名の海外招聘教授に対し、それぞれ異なるレッスン曲を準備すること。詳細は、書類選考通過者に案内する。曲目提出は、2013年7月上旬頃を予定。(事務局でレッスン曲の相談・問合せにも適宜応じる)

曲の制限はないが、レッスンは1コマ60分なので、それに見合った適切な長さの楽曲を用意すること。
レッスン曲の楽譜は、講師・参加者自身の分の2部を用意すること。
(2)最終審査会

25分以上30分以内の自由なプログラム。詳細は書類選考通過者に案内する。演奏曲目提出は、2013年7月上旬頃を予定。

演奏時間は、最初の音が出た時点より通しで計測し、曲間を含む。制限時間の著しい過不足は失格となる場合があるので注意すること。
レッスンで指導を受けた曲以外の作品も含めてもかまわない。
楽曲の抜粋方法、選曲と演奏順序、その他、プログラミングのあらゆる要素が、審査の考慮対象となりうる。
演奏曲は現在または過去に出版されたことのある作品のみとし、審査員より楽譜閲覧の希望があれば対応する。
弦や楽器本体など、鍵盤以外に接触することによって発音させる、いわゆる現代奏法の類を含む作品を禁ずる。

5.審査員
(1)第6回海外招聘審査員(レッスン及び最終審査会担当)
ロナン・オホラ
ロナン・オホラ(イギリス)
英・ギルドホール音楽院教授
ボリス・ペトルシャンスキー
ボリス・ペトルシャンスキー(ロシア/イタリア)
伊・イモラ国際ピアノアカデミー教授
ジェローム・ローズ
ジェローム・ローズ(アメリカ)
米・マネス音楽大学教授

(2)選考委員(公益財団法人福田靖子賞基金理事長および評議員)
福田成康
公益財団法人福田靖子賞基金理事長、一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)専務理事、株式会社東音企画代表取締役
江口文子
公益財団法人福田靖子賞基金評議員、昭和音楽大学教授、一般社団法人全日本ピアノ指導者協会理事
二宮裕子
公益財団法人福田靖子賞基金評議員、桐朋学園大学特任教授、一般社団法人全日本ピアノ指導者協会副会長
播本枝未子
公益財団法人福田靖子賞基金評議員、東京音楽大学教授、一般社団法人全日本ピアノ指導者協会理事
松崎伶子
公益財団法人福田靖子賞基金評議員、洗足学園音楽大学客員教授・平成音楽大学教授、一般社団法人全日本ピアノ指導者協会監事
選考委員は、書類選考および最終審査会の演奏審査を分担して担当する。
最終審査会では、福田靖子賞受賞者(第1位)は海外招聘審査員のみの投票により決定され、第2位以降は、受賞者の有無や賞名称の検討も含め、海外招聘審査員および選考委員の投票・討議により決定される。

6.申込方法(書類選考)
(1)提出書類
a.
参加申込書(次ページ):氏名・住所・演奏履歴・入賞履歴 等(下記にてダウンロード可能です)
b.
顔写真(カラー):4cm×5cm程度以上、返却不可、裏面に氏名を記入し申込書に貼付

(2)提出先
〒170-0002
東京都豊島区巣鴨1-15-1 宮田ビル3階
公益財団法人福田靖子賞基金「福田靖子賞選考会」係
(市販の封筒で、表書きに「福田靖子賞応募書類在中」と明記のこと。申込書を折りたたんでもかまわない)

(3)応募受付期間

2012年12月8日(土)~2013年3月11日(月)
※消印有効

(4)書類選考結果発表

2013年3月31日までに、すべての応募者に文書にて通知。書類選考通過者は、2013年8月のレッスン+最終審査会へ進出する。進出者へ、8月の審査料(50,000円)の振込先・振込方法・今後の予定等を案内する。


7.お問合せ

公益財団法人福田靖子賞基金「福田靖子賞選考会」係(担当:加藤)
TEL 03-3944-1583 / FAX 03-3944-8838 / Email kato@piano.or.jp


【海外情報】第13回ユリウシュ・ザレンプスキ国際音楽コンクール(ポーランド)

第13回 ユリウシュ・ザレンプスキ国際音楽コンクール

●日程 2013年3月10-17日
3/10開会式 3/13-15ピアノ部門 3/16-17入賞者演奏会
●場所 ワルシャワ近郊(ポーランド)
●概要 ピアノソロ/ピアノデュオ/チェロ/室内楽4部門のコンクール
●申込締切 2013年2月17日必着
●審査員
イェジ・ロマニウク Jerzy Romaniuk (Chairman, Poland)
マレク・ドレヴノフスキ Marek Drewnowski (Poland)
河合優子 Yuko Kawai (Japan)
ルボフ・ラヴネーエヴァ Lubov Lavneeva (Russia)

●詳細情報は 公式サイト(英語あり)
http://www.konkurs-zarebski.eu/
を必ずご確認ください。


※ピアノ・ソロ部門 課題曲
ザレンプスキの作品については、コンクールWEBサイト内に楽譜ダウンロードコーナーがあります。

カテゴリーA (演奏時間6分以内。2004年生まれ またはそれより若い人):
1.バロックの作品1曲
2.ポーランド人作曲家の作品1曲
---------------
カテゴリーB (12分以内。2001年生まれ まで):
1. J.S.Bach: 2声または3声のインヴェンションまたは組曲からコントラストのある2つの部分
2. ポーランド人作曲家の作品1曲
3. エチュードまたはヴィルトゥオーゾ的な作品を1曲
------------
カテゴリーC (15分以内。1998年生まれ まで):
1. 以下から1曲:
・3声のインヴェンション(シンフォニア)から1曲 または 組曲からコントラストのある2つの部分 または (いわゆる平均律から)プレリュードとフーガ
・古典派のソナタから アレグロ(・ソナタ)楽章 または 古典派の変奏曲
2. エチュード または ヴィルトゥオーゾ的な作品を1曲
3. 20世紀のポーランド人作曲家の作品を1曲
-------------
カテゴリーD (予選・本選ともに20分以内。1995年生まれ まで):
[第1次予選]
1. J.S.バッハ: (平均律) プレリュードとフーガ
2. (ショパン、リスト、スクリャービン、ラフマニノフ、ドビュッシー、ザレンプスキ、リゲティ のいずれかで) ヴィルトゥオーゾ的なエチュードを1曲
3. ユリウシュ・ザレンプスキ(Juliusz Zar?bski) の作品を1曲
[第2次(本選)]
4. 古典派のソナタからアレグロ(・ソナタ)楽章 または 古典派の変奏曲
5. ポーランド人作曲家の ヴィルトゥオーゾ的な性格の作品
---------------
カテゴリーE (予選・本選ともに20-30分。1985年生まれ まで):
[第1次(予選)]
1. バロック時代の作品を1曲
2. (ショパン または ザレンプスキ の) ヴィルトゥオーゾ的なエチュードを1曲
3. ザレンプスキの作品を1曲
[第2次(本選)]
4. 古典派のソナタからアレグロ(・ソナタ)楽章
5. ロマン派の作品 または ポーランド人作曲家の(難易度の高い)作品を1曲

※コンクール日程詳細
2013年3月10日(日) 開会式
2013年3月11日(月) 室内楽部門
2013年3月12日(火) チェロ部門
2013年3月13日(水) -15日(金) ピアノ・ソロおよびデュオ部門
2013年3月16日(土) -17日(日) 入賞者コンサート

税額控除対象法人の証明を受けました

当財団が、行政庁(内閣府)から平成24年10月25日から平成29年10月24日までの5年間、税額控除対象法人の証明を受けました。このため、上記の期間内に寄附された方は、所得税については、下記の1.所得控除制度か2.税額控除制度かのいずれかを選択して、減税効果の高い方で所得税の確定申告をすることができます。

詳しくは、「寄付金」のページをご覧ください。



11/11パスカル・ロジェ先生マスタークラス聴講者募集

パスカル・ロジェ先生
フランスを代表する世界的ピアニスト、パスカル・ロジェ先生によるマスタークラスを開講します。ラヴェルやドビュッシー、プーランクなどのフランス物の洒脱な演奏で世界を魅了し、11月の来日公演ではお得意のサン・サーンス、ガーシュインの協奏曲でのオケ出演と、アニメーション映像とコラボするソロリサイタルに出演するほか、近年はマスタークラスや審査でも活躍。香港国際ピアノコンクール(インタビューはこちら)やリーズ国際ピアノコンクール(インタビューはこちら)では審査員を務めました。今回、この世界的ピアニストによる特別マスタークラスの聴講者を募集いたしますので、ロジェ先生の魔法のような音色の秘密を間近で見学することのできるこの機会、是非お申込下さい。

日程:2012年11月11日(日)11時から18時15分
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:藤本優子先生(フランス語) 
主催:公益財団法人福田靖子賞基金 / 協力:パシフィック・コンサート・マネジメント / 広報協力:一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

聴講料:3,000円(終日を見学できます)
受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールにて、タイトルを「11/11ロジェ先生レッスン聴講申込み」とし、event★piano.or.jp(★を@に替えてください)まで、氏名、希望枚数、連絡先(メールorファックス)を明記のうえ、お送りください。

★受講生と曲目

11:00- 佐藤元洋(19歳、2011福田靖子賞選考会入選)
ショパン:ポロネーズ第7番変イ長調 Op.61 「幻想ポロネーズ」

12:00- 鶴澤奏(18歳、2012ピティナ特級銅賞) 
ラヴェル:「夜のガスパール」より「オンディーヌ」
ショパン:ポロネーズ第7番変イ長調 Op.61 「幻想ポロネーズ」

13:00-14:00 昼食休憩

14:00- 小林愛実(17歳、2011福田靖子賞選考会第1位(福田靖子賞))
ショパン:ピアノソナタ第3番ロ短調 Op.58 第1楽章

15:00- 鐵百合奈(20歳、2011ピティナG級銅賞)
ラヴェル:「夜のガスパール」より「スカルボ」

16:00-16:15 休憩

16:15- 鯛中卓也(24歳、2005福田靖子賞選考会入選・特級銅賞)
ベートーヴェン:ピアノソナタ第32番ハ短調 Op.111

17:15- 梅村知世(24歳、2010ピティナ特級グランプリ)
ブラームス:ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ Op.24

18:15頃終了予定



※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

9/2トーマス・ヘル先生特別マスタークラス聴講生募集


トーマス・ヘル先生
数多くの国際コンクールに入賞後、ドイツ後期ロマン派と現代音楽を中心に、幅広いレパートリーで活躍し、名ピアニスト、アルフレート・ブレンデルからも絶賛される音楽性の持ち主、トーマス・ヘル先生の特別マスタークラスを開講いたします。演奏活動の傍ら、現在、ハノーファー音楽演劇大学およびシュトゥットガルト国立音楽大学というドイツの2つの拠点で教鞭をとり、世界各地のマスタークラスにも招聘されています。今回は、ヘル先生のレッスンを特別に公開し、ピティナの最高レベルの入賞者が受講いたします。聴講者を募集いたしますので、世界トップクラスのレッスンを間近で見学することのできるこの機会、是非お申込下さい。

日程:2012年9月2日(日)11時から18時15分
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:津佐倫子先生(ドイツ語) 
主催:公益財団法人福田靖子賞基金 / 広報協力:ピティナ

聴講料:3,000円(終日を見学できます)
受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールにて、タイトルを「9/2ヘル先生レッスン聴講申込み」とし、event★piano.or.jp(★を@に替えてください)まで、氏名、希望枚数、連絡先(メールorファックス)を明記のうえ、お送りください。折り返し、メールにて詳細をご連絡いたします。

★受講生と曲目

11:00- 尾崎未空(16歳、2011福田靖子賞選考会優秀賞(第2位))
曲目未定

12:00- 大貫瑞季(19歳、2009福田靖子賞選考会入選・2011ピティナG級ベスト賞)
ドビュッシー:練習曲「5本の指のために」、前奏曲集第2集より「風変わりなラヴィーヌ将軍」「オンディーヌ」

13:00-14:00 昼食休憩

14:00- 水谷桃子(21歳、2008ピティナ特級準金賞)
リスト:ピアノソナタ ロ短調

15:00- 仁田原祐(21歳、2008ピティナG級金賞)
ベートーヴェン:ピアノソナタ第28番イ長調 Op.101

16:00-16:15 休憩

16:15- 鶴澤奏(18歳、2012ピティナ特級銅賞)
シューマン:幻想曲 ハ長調 Op.17

17:15- 木村友梨香(19歳、2012ピティナ特級ファイナリスト)
ハイドン:ソナタ ハ短調 Hob.XVI/20

18:15頃終了予定


※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

8/23アンドレア・ボナッタ教授、特別マスタークラス聴講募集


ボナッタ教授
今年度、ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会の海外招聘審査員アンドレア・ボナッタ教授(イタリア)の特別マスタークラスを開講します。ボナッタ先生は、世界有数の規模を誇るブゾーニ国際ピアノコンクールの審査委員長・音楽監督を長くお務めになり、またイタリアの音楽院等で教鞭をとってきました。ピアニストとしてブラームスソロ曲全曲録音のほか、指揮活動、教授活動と幅広くご活躍で、現在は、上海音楽院客員教授のほか、エッパン国際ピアノアカデミーを設立し、ジュニアからの才能教育に力を注いでおられます。今回は、教授のレッスンを特別に開講し、福田靖子賞選考会入選者を中心に最高レベルの入賞者が受講いたします。聴講者を募集いたしますので、世界トップクラスのレッスンを間近で見学することのできるこの機会、是非お申込下さい。

日程:2012年8月23日(木)11時から18時15分
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:千田直子先生(英語) ※午前の2枠は通訳なし
主催:公益財団法人福田靖子賞基金 / 広報協力:一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

聴講料:3,000円(終日を見学できます)
受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールにて、タイトルを「8/23ボナッタ先生レッスン聴講申込み」とし、event★piano.or.jp(★を@に替えてください)まで、氏名、希望枚数、連絡先(メールorファックス)を明記のうえ、お送りください。折り返し、メールにて受講可否をご連絡いたします。

★受講生と曲目

11:00- ロー磨秀(22歳、2007福田靖子賞選考会第1位)※この枠通訳なし
リスト:バラード第2番 ロ短調 S.171
W.A.モーツァルト:ソナタ第10番ハ長調 K.330(時間があれば)

12:00- 阪田知樹(18歳、2009福田靖子賞選考会第1位、2011ピティナ特級グランプリ) ※この枠通訳なし
ベルク:ソナタ Op.1

13:00-14:00 昼食休憩

14:00- 桑原志織(16歳、2011ピティナG級ベスト賞)
バルトーク:ピアノ協奏曲第3番 Sz.119

15:00- 木村友梨香(19歳、2012ピティナ特級セミファイナル進出中(8月10日時点))
シューマン:謝肉祭 Op.9

16:00-16:15 休憩

16:15- 中川真耶加(18歳、2011福田靖子賞選考会入選・ピティナ特級セミファイナリスト)
ラヴェル:組曲「鏡」より「悲しい鳥たち」「道化師の朝の歌」

17:15- 江沢茂敏(21歳、2011ピティナG級金賞)
ベートーヴェン:ソナタ第17番ニ短調 Op.31-2「テンペスト」第1楽章、同第18番変ホ長調 Op.31-3 第1楽章

18:15終了予定

※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

ASIA International Piano Academy & Festival with Competition in KOREA


アジア国際ピアノフェスティバル&アカデミー
ASIA International Piano Academy & Festival with Competition in KOREA 2012

●日時:2012年7月18-22日(第1部)/22-26日(第2部)
●場所:韓国・天安市
●概要:マスタークラス、コンクール、フェスティバル
●講師:庄司美知子(日本)ハエ・ウォン・チャン(韓国)ベンジャミン・ロー(シンガポール)アンドリュー・マ(香港)他
●料金:約50,000円(レッスン2回、食事付)
●問い合わせ先:
The piano society Korea公式HP

The Asia Piano Competition 2012



The Asia Piano Competition 2012
第1回アジアピアノコンペティション2012

●日時 2012年10月2日から4日
●場所 クアラルンプール(マレーシア)
●概要 コンクール、フェスティバル、マスタークラス
●審査員 今井顕(国立音楽大学大学院教授、全日本ピアノ指導者協会評議員)ほか
●コンクール概要
プロフェッショナル部門
Children(11歳以下)
Junior(12歳から14歳)
Teenager(15歳から17歳)
Young Adult(18歳から25歳)
ほか

●申し込み方法
予備審査は各地で行われるほか、DVDによる申込みも受け付けられる。詳細は、下記、応募要項(英語)と申込用紙(英語)をご参照いただきたい。

応募要項(英語)
申込用紙(英語)
日本語による案内文(PDF)

6/18-19ウィリアム・ナボレ先生(コモ湖国際ピアノアカデミー主宰)特別レッスン聴講者募集


今、世界でもっともレベルの高い生徒が集う、イタリアの「コモ湖国際ピアノアカデミー」。講師には、レオン・フライシャー、フー・ツォン、ドミトリー・バシュキーロフら世界最高のピアニストたちが名を連ね、生徒には、ユリアンナ・アヴデーエヴァ(2010ショパン国際優勝)、デニス・コジュヒン(2010エリザベート王妃優勝)など、最高レベルの国際コンクール優勝者がずらりと顔を揃えます。このアカデミーをアルゲリッチとともに創設し、今も主宰をつとめるウィリアム・グラント・ナボレ教授のレッスンを特別に開講し、ピティナの最高レベルの入賞者が受講いたします。聴講者を募集いたしますので、世界トップクラスのレッスンを間近で見学することのできるこの機会、是非お申込下さい。

日程:2012年6月18日(月)および19日(火) 13時30分から20時
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:千田直子先生(英語) ※18日最後の2枠は通訳なし
主催:一般財団法人福田靖子賞基金 / 広報協力:(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

聴講料:3,000円(各日)
受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールにて、タイトルを「ナボレ先生レッスン聴講申込み」とし、event★piano.or.jp(★を@に替えてください)まで、氏名、希望日(両日、18日のみ、19日のみ)と希望枚数、連絡先(メールorファックス)を明記のうえ、お送りください。折り返し、メールにて受講可否をご連絡いたします。

★受講生と曲目

【6月18日(月)】

13:30- 中村芙悠子(2009福田靖子賞選考会優秀賞(第2位))
ブラームス:6つの小品 Op.118(時間のある限り全曲)

14:30- 杉本沙織(2011ピティナF級ベスト賞) 
リスト:「リゴレット」による演奏会用パラフレーズ S.434
ショパン:エチュード 嬰ト短調 Op.25-6

15:30-15:45 休憩

15:45- 小塩真愛(2007福田靖子賞選考会奨励賞)
ラヴェル:「鏡」より「道化師の朝の歌」 または リスト:「巡礼の年第2年イタリア」より婚礼、ペトラルカのソネット第104番

16:45- 桑原志織(2011ピティナG級ベスト賞)
ベートーヴェン:ピアノソナタ第28番イ長調 Op.101

17:45-18:00 休憩

18:00- 實川風(2007福田靖子賞選考会優秀賞(第2位)) ※通訳なし
ショパン:ピアノソナタ第2番変ロ短調 Op.35 「葬送」

19:00- 阪田知樹(2009福田靖子賞/2011ピティナ特級グランプリ) ※通訳なし

J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻第3番嬰へ長調 BWV848
ブゾーニ:ソナチネ第6番 「カルメン・ファンタジー」


20:00頃終了予定


【6月19日(月)】

13:30- 木村友梨香(2009福田靖子賞選考会奨励賞)
リスト:巡礼の年第2年「イタリア」より「ダンテを読んで - ソナタ風幻想曲」

14:30- 今田篤(2010ピティナ特級銀賞) 
ショパン:バラード第3番変イ長調 Op.47
ドビュッシー:「前奏曲集第2巻」より「花火」

15:30-15:45 休憩

15:45- 鯛中卓也(2005ピティナ特級銅賞)
スクリャービン:ピアノソナタ第3番嬰ヘ短調 Op.23

16:45- 大貫瑞季(2011ピティナG級ベスト賞)
W.A.モーツァルト:ピアノソナタ第13番変ロ長調 K.333

17:45-18:00 休憩

18:00- 佐藤元洋(2011福田靖子賞選考会入選)
リスト:巡礼の年第2年「イタリア」より「ダンテを読んで - ソナタ風幻想曲」

19:00- 梅田智也(2011ピティナ特級セミファイナリスト)
J.S.バッハ=ブゾーニ:コラール前奏曲 ヘ短調 BWV639 「イエスよ、わたしは主の名を呼ぶ」
J.S.バッハ=ブゾーニ:シャコンヌ

20:00頃終了予定


※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

2012アロハ国際ピアノフェスティバル



2012アロハ国際ピアノフェスティバル
2012 Aloha International Piano Festival

●日時:2012年6月16日-23日
●場所:ハワイ・ホノルル
●概要:フェスティバル・アカデミー・コンクール
●講師(ゲストアーティスト):
ケヴィン・ケナー、サラ・ビュークナー、ジョン・ナカマツ
ジョン・ベイレス、中道リサ

●コンクール概要:
ソロ・ジュニア 12-14歳
ソロ・高校部門 15-18歳
ソロ・ヤングアーティスト 19-25歳
コンチェルト部門

※アカデミーでは、アマチュア部門も開催

●内容の詳細はホームページを参照
http://alohapianofestival.com/cms/
●応募締切:2012年4月30日 消印有効
●問い合わせ先:info@alohapianofestival.com

第5回ASEAN国際ショパンピアノコンクール 開催情報


第5回ASEAN国際ショパンピアノコンクール
5th ASEAN International Chopin Piano Competition

●日時:2012年11月19日から25日
●場所:クアラルンプール(マレーシア)
●概要:ショパンを課題曲とするピアノコンクール
●部門:
学生・一般カテゴリー
小学校1・2年の部 2004年以降の生まれ
小学校3・4年の部 2002、2003年の生まれ
小学校5・6年の部 2000、2001年の生まれ
中学校の部 1997、1998、1999年生まれ
高校の部 1995、1996年生まれ
大学の部 1990-1994年生まれ
一般の部 年齢制限なし

コンチェルトカテゴリー
A部門 1997年以降生まれ
B部門 1993-1996年生まれ
C部門 年齢制限なし

●内容の詳細はホームページを参照
www.chopinsociety.com.my
●応募締切:2012年5月1日
●問い合わせ先:admin@chopinsociety.com.my

2012ちちぶ国際音楽祭 開催情報


2012ちちぶ国際音楽祭
Chichibu International Music Festival 2012

●日時:2012年8月20日から26日
●対象:原則として中学生以上、25歳以下(協奏曲は22歳以下)
●講師:ブルース・ハンゲン(室内楽)ペーター・ゲッツェル(Vn/Va)マルクス・プラッツィ(Vn)ミシェル・ミヒャラカコス(Va)ドン・ウ・リー(Vc)ロンダ・ライダー(Vc)ジョナサン・バス(ピアノ)多喜靖美(ピアノ)
●受講料:Aコース(協奏曲+室内楽)120,000円、Bコース(室内楽)70,000円ほか
●応募締切:4/27(金)消印有効
●問合せ先(ホームページを参照)
http://chichibu.youthandmuse.org/index.html

4/2-3ジャック・ルヴィエ先生(パリ国立高等音楽院教授)特別マスタークラス聴講生募集

ルヴィエ先生
フランスのジャック・ルヴィエ先生(パリ国立高等音楽院教授、ベルリン芸術大学教授)によるレッスンを公開いたします。最高の知性と教育経験をもったルヴィエ先生のレッスンを、ピティナの最高レベルの入賞者が受講いたします。聴講者を限定募集いたしますので、世界レベルのレッスンを間近で見学することのできるこの機会、是非お申込下さい。 

日程:2012年4月2日(月)および3日(火) スケジュールは下記
会場:東音ホール(ピティナ本部事務局内、JR巣鴨駅徒歩すぐ)
通訳:藤本優子先生(フランス語)
聴講料:各日3,000円
受講生と曲目:下方に記載
主催:公益財団法人福田靖子賞基金、広報協力:社団法人全日本ピアノ指導者協会 

★申込方法
定員に達しましたので、聴講は締め切りました(3/19記)

 ★受講生と曲目
 【4月2日(月)】
 13:00- 木村友梨香(2009福田靖子賞奨励賞)
ショパン:ピアノソナタ第3番ロ短調 Op.58 

14:00- 今田篤(2010ピティナ特級銀賞) 
リスト:メフィストワルツ第1番「村の居酒屋での踊り」 S.514

15:00-15:15 休憩

15:15- 水谷桃子(2008ピティナ特級準金賞)
 ラフマニノフ:コレルリの主題による変奏曲 Op.42
リスト:巡礼の年第2年「イタリア」より「ダンテを読んで - ソナタ風幻想曲」

16:15- 鐵百合奈(2011ピティナG級銅賞)
W.A.モーツァルト:ピアノソナタ第11番イ長調 K.331「トルコ行進曲付」
リスト:超絶技巧練習曲第5番 変ロ長調 「鬼火」

17:15-17:30 休憩

17:30- 中村芙悠子(2009福田靖子賞優秀賞)
ベートーヴェン:ピアノソナタ第24番嬰ヘ長調 Op.78 「テレーゼ」
ショパン:エチュード ハ長調 Op.10-7 / 変イ長調 Op.10-10

18:30- 本山麻優子(2010ピティナG級金賞/2011福田靖子賞優秀賞)
ショパン:ピアノソナタ第3番ロ短調 Op.58 第1楽章

19:30頃終了予定

 【4月3日(火)】 

11:00- 實川風(2007ピティナ特級銅賞/福田靖子賞優秀賞第1席)
シューマン:幻想曲 ハ長調 Op.17 第1楽章
シューマン:アラベスク Op.18(時間があれば)

12:00- 梅村知世(2010ピティナ特級グランプリ) 
 ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番変イ長調 Op.110

13:00-14:00 昼休憩

14:00- 桑原志織(2011G級ベスト賞)
ドビュッシー:エチュード「オクターブのために」
リスト:2つの伝説より第2曲「波をわたるパオラの聖フランチェスコ」

15:00- 小林愛実(2011福田靖子賞第1位)
スクリャービン:ピアノソナタ第2番嬰ト短調 Op.19 「幻想ソナタ」

16:00-16:15 休憩 

16:15- 阪田知樹(2009福田靖子賞第1位/2011ピティナ特級グランプリ)
ドビュッシー:エチュード「5本の指のために(チェルニー氏による)」
ベルク:ピアノソナタ Op.1

17:15- 尾崎未空(2010ピティナJr.G級金賞/2011福田靖子賞優秀賞)
メンデルスゾーン:幻想曲 嬰ヘ短調 Op.28 「スコットランド・ソナタ」

18:15頃終了予定 

※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。