【助成報告】阪田知樹さん(第4回福田靖子賞)をヨーロッパのマスタークラス・演奏会へ派遣

阪田知樹さん(2009第4回福田靖子賞)を、2013年9-10月にヨーロッパの各国の演奏会およびマスタークラスへ派遣いたしました。阪田さんからレポートが届いています。


<レポート> 今回は、私にとって初めて移動を繰り返しながらの1ヶ月半弱にも渡る長期ヨーロッパ演奏修行旅行となりました。 

スイスからリヒテンシュタインでのマスタークラス後、チェコの音楽祭に入り、リサイタル・室内楽・協奏曲の舞台を務め、オーストリア、ハンガリー、イタリアを経て、勉強も重ねながら、ルガーノでのベートヴェン・リサイタルに向かいました。ベートーヴェンのソナタ4曲のみでリサイタルを行うことの難しさはもともと覚悟していましたが、準備を重ねる毎に、舞台への好奇心が生まれ、挑戦的なアプローチも恐れず、思い切って表現してみたくなりました。昨年5月にもドビュッシー・リサイタルで、演奏させて頂いたホールでしたが、音響効果の為のリニューアルをされたそうで、印象が少し違いました。私自身の演奏も変わってきていたからかもしれません。ホールには以前よりも沢山の方々が集まってきて下さり、大きな拍手と喝采に驚きを隠せませんでした。アンコール時も皆さんがとても関心を持って聴いて下さっていることが伝わってきました。舞台を踏ませて頂く毎に新しい発見があるーそんな瞬間でした。 

続く、ジュネーヴの受賞者演奏会でも、昨年2月にリサイタルをさせて頂いたホールでしたが、こちらも偶然にもリニューアルされたばかりで、歴史を感じる趣のあるホールに新しい技術の加わった素晴らしい空間に生まれ変わっていました。会場には入りきらないほどのお客様にいらして頂けて、ホール一杯に広がるまろやかな響きに包まれ、音の隅々まで楽しみながら、演奏できる素晴らしい一時となりました。「2月にも聴きに来ていたのだけど、進化してるし、次は日本にも聴きにいかなくては!」多くの現地の音楽愛好家の方々に声をかけて頂けて、前回の演奏も覚えて下さっていたことは何よりも励みになり嬉しかったです。残念に思ったのは、「もっと話したいのに、フランス語は話さないんだよね。」と漏らされた方が想像以上に多かったことでした。私もその土地で演奏するからには、その土地の言語ももっと学ばなくてはならないと気づかされました。今後は言語も更に勉強したいと思いました。ラジオ局放送のコンサートは、打って変わって近代的な設備のホールでした。こちらもフランス語での紹介、インタビューなどで緊張しましたが、様々な環境の変化の中でも柔軟に対応しながら臨む舞台の数々、本当に良い経験になりました。今後に生かせるように、また新たな気持ちで引き続き研鑽を積んでいきたいと思います。

ありがとうございました。(阪田知樹)

【活動報告】10/14オリヴィエ・ギャルドン先生(パリ国立地方音楽院)マスタークラス

10月14日(火)、パリ国立地方音楽院の教授を長く務めるフランスの名ピアニスト、オリヴィエ・ギャルドン先生によるマスタークラスを開催し、当財団奨学生をはじめとする6人の受講生がレッスンを受講しました。 

シューマンやショパン、チャイコフスキーのコンチェルトから、ドビュッシー・ラヴェルまで多岐にわたるレパートリーを素晴らしい演奏を交えながら熱心にレッスン。各作曲家の様式をとらえながら、常に音楽への真摯な姿勢を持って丁寧に作り上げていくことの大切さを、真剣に説いてくださり、常に音楽に誠実に、いつでも芸術家として音楽に接してゆくことの大切さが、先生の献身的な姿勢からひしひしと伝わってくるレッスンで、1日のレッスン時間があっというまに過ぎていきました。

【入賞情報】サザン・ハイランド国際ピアノコンクールで實川風さん(第3回優秀賞)が第2位に入賞

オーストラリアのキャンベラで10月12日まで行われていた、サザン・ハイランド国際ピアノコンクールで、日本から参加していた實川風さん(第3回福田靖子賞選考会優秀賞)が、第2位に入賞しました。

實川さんは、12日のファイナルで、地元キャンベラのオーケストラとラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番を共演し、素晴らしい演奏を披露して喝さいを浴びました。

優勝はギリシャのKonstantinos Destounisさん(写真中央)、實川さんと同位の第2位には、イタリアのIlaria Loatelliさん。

コンクールの公式ウェブサイト

ファイナリストの3名

【ニュース】当財団奨学生4名が、オランダ大使館にてコンサートに出演

10月8日(福田靖子賞基金/ピティナ)9日(昭和音楽大学)に行われた、フランツ・リスト国際ピアノコンクール主催のマスタークラス(講師:エンリコ・パーチェ教授)の受講生から、当財団の奨学生、山崎亮汰さん(第6回福田靖子賞)桑原志織さん(第6回優秀賞)尾崎未空さん(第5回優秀賞)本山麻優子さん(第5回優秀賞)が選抜され、オランダ大使公邸に招かれて、演奏会を開催しました(ほかに、加藤大樹さん(2009ピティナ特級銀賞)が出演) 

14歳から23歳までの日本を代表する若い才能の競演に、訪れた大使館関係者も目を見張り、終演後には5人に対して盛大な拍手が送られました。演奏終了後には、ビュッフェ形式のパーティも行われ、思い思いに交流を楽しむなか、奨学生たちは、パーチェ先生に熱心にアドバイスを仰ぎ、また、記念写真を求めていました。

5名のさらなる活躍をお祈りしております。

【活動報告】10/8リスト国際ピアノコンクール特別マスタークラス

10月8日(火)、オランダ・ユトレヒトのフランツ・リスト国際ピアノコンクールとの共催で、「リストの真髄を学ぶ一日 フランツ・リスト国際ピアノコンクールマスタークラス」が行われ、自身も第2回コンクールの優勝者である、イタリアの名ピアニスト、エンリコ・パーチェ教授が、当財団奨学生やピティナ・ピアノコンペティション入賞者6名にリスト作品のポイントを解説しました。

それぞれの作品の背景にある文学や建築、リストの作品を演奏する際にポイントとなる奏法、作品全体の構造から各部分の意味を考えて大きな流れを構築していく方法など、プロフェッショナルなピアニストならではの視点から、リストへのアプローチが多面的に解説され、ピアノ指導者を中心とする聴講生も熱心に聞き入りました。

同コンクールは、2014年に第10回の記念すべき大会をむかえます。参加申し込み締切は2014年1月。10月26日から11月8日にかけて、本選が行われます。

【助成報告】小塩真愛さん(第3回奨励賞)、カリアリ(イタリア)講習会派遣

小塩真愛さん(2007第3回福田靖子賞選考会奨励賞、東京藝術大学大学院)のカリアリ(イタリア)での国際音楽アカデミー参加に対して助成いたしました。

<レポート>

講習会が行われた学校
8月23日から9月14日まで、イタリアのサルデーニャ島南部にある都市カリャリにて10日間の夏期講習会を受講した後、ヨーロッパでの生の演奏会に触れるためイタリア北部ヴェローナ、そしてドイツへ行ってきました。

講習会ではジャン・マルク・ルイサダ氏のもとで勉強しました。全身から溢れる情熱とイマジネーションの豊かさにどんどん引き込まれ、レッスンでは生きた音楽を常に求められました。先生の美しく多彩な音には驚くばかりで、あまり状態のよくないピアノでも先生が弾くと魔法にかかったようでした。2日間の先生方によるコンサートや、最後にはスチューデントコンサートにも出演させて頂き、たくさんの新たな仲間と出会えて本当に刺激的な毎日でした。

ルイサダクラスの皆と
講習会後に訪れたヴェローナでは、野外オペラフェスティバルに行きました。アレーナ・ディ・ヴェローナという古代ローマ時代の屋外闘技場をそのままオペラ会場として使用しており、舞台の迫力、お客さんの熱気、すべてに圧倒されタイムスリップしたような感覚を味わい夢のような時間でした。その他ドイツではベルリンフィルハーモニーの演奏を聴いたり歴史ある美術館を巡るなど、日常でいつも音楽を感じられるとても充実した毎日を過ごすことができました。

この旅で吸収した音楽へのエネルギーを十分に演奏へ生かしていきたいです。この度はありがとうございました。(小塩真愛)
ヴェローナの劇場にて

10/14オリヴィエ・ギャルドン先生(パリ国立地方音楽院教授)特別レッスン聴講募集

ギャルドン先生
自身がロン・ティボー国際コンクールやエリザベート王妃国際コンクールで入賞したのち、長年にわたり、パリ国立地方音楽院で素晴らしいピアニストを指導しつづけてきた、フランスの名教授、オリヴィエ・ギャルドン(ガルドン)先生が、ピティナ入賞者のために初めてのマスタークラスを開講してくださいます。今回は、10月11日(金)には、ドビュッシー&シューマン作品によるリサイタルも予定しているギャルドン先生。聴講者を限定募集しますので、是非、ご来聴ください。

日程:2013年10月14日(月・祝) 時間割は下記
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:藤本優子先生(フランス語)
主催:公益財団法人福田靖子賞基金
協力:ピティナ

聴講料:3,000円(1日のうちではどの枠でもご覧いただけます)

受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
メールにて、タイトルを「10/14ギャルドン先生レッスン聴講希望」とし、氏名、希望枚数、連絡先(メール&電話番号)を記載し、event★piano.or.jp(★を@にかえてください)までお送りください。折り返し、聴講料の振込についてご案内いたします。


★受講生と曲目

11:00- 中村芙悠子 (20歳、2009第4回福田靖子賞選考会優秀賞)
シューマン:アラベスク ハ長調 Op.18
ショパン:幻想曲 ヘ短調 Op.49

12:00- 大貫瑞季(20歳、2009第4回福田靖子賞選考会入選) 
ドビュッシー:映像 第2集 (葉ずえをわたる鐘の音/そして月は廃寺に落ちる/金色の魚)

13:00-14:00 休憩

14:00- 中村優似(17歳、2013ピティナG級銀賞・第6回福田靖子賞選考会入選)
ショパン:スケルツォ第4番ホ長調 Op.54

15:00- 木村友梨香 (20歳、2012ピティナ特級ファイナリスト、2009第4回福田靖子賞選考会奨励賞)
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番変ロ短調 Op.23

16:00-16:15 休憩

16:15- 仁田原祐 (22歳、2008ピティナG級金賞)
ラヴェル:クープランの墓 

17:15- 久保山菜摘 (21歳、2009第4回福田靖子賞選考会奨励賞)
ラヴェル:ラ・ヴァルス

18:15頃終了予定


※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※時間は、進行によって多少前後することがあります。