【ニュース】当財団奨学生4名が、オランダ大使館にてコンサートに出演

10月8日(福田靖子賞基金/ピティナ)9日(昭和音楽大学)に行われた、フランツ・リスト国際ピアノコンクール主催のマスタークラス(講師:エンリコ・パーチェ教授)の受講生から、当財団の奨学生、山崎亮汰さん(第6回福田靖子賞)桑原志織さん(第6回優秀賞)尾崎未空さん(第5回優秀賞)本山麻優子さん(第5回優秀賞)が選抜され、オランダ大使公邸に招かれて、演奏会を開催しました(ほかに、加藤大樹さん(2009ピティナ特級銀賞)が出演) 

14歳から23歳までの日本を代表する若い才能の競演に、訪れた大使館関係者も目を見張り、終演後には5人に対して盛大な拍手が送られました。演奏終了後には、ビュッフェ形式のパーティも行われ、思い思いに交流を楽しむなか、奨学生たちは、パーチェ先生に熱心にアドバイスを仰ぎ、また、記念写真を求めていました。

5名のさらなる活躍をお祈りしております。