7/2ピオトル・パレチニ先生(ショパン音楽大学教授)特別レッスン聴講募集

パレチニ
ポーランド・ワルシャワを中心に旺盛な演奏活動と後進の指導に情熱を傾ける傍ら、ショパン国際ピアノコンクール審査員、パデレフスキ国際ピアノコンクール審査員長・音楽監督を長く務め、若いピアニストたちへのサポートも惜しまないポーランドの名匠ピオトル・パレチニ先生。日本にも、毎年のように審査やアカデミーに招かれているおなじみの名教授です。オーソドックスでノーブル、雄大かつ繊細なパレチニ先生の音楽作りの一端を探るマスタークラスを特別公開します。ぜひご聴講ください。

日程:2016年7月2日(土) 時間割は下記
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:千田直子先生(英語)
主催:公益財団法人福田靖子賞基金
協力:ピティナ

聴講料:3,000円(1日のうちではどの枠でもご覧いただけます)

受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
メールにて、氏名、希望枚数、ご連絡先(メールアドレス)をご記入のうえ、タイトルを「パレチニ先生レッスン聴講」として、event★piano.or.jp(★を@にかえてください)までお送り下さい。折り返しご連絡いたします。


★受講生と曲目
10:30- 桑原志織 (20歳、2013福田靖子賞選考会優秀賞(第2位))
ショパン:幻想曲 へ短調 Op.49
※通訳なし

11:30- 古海行子 (18歳、2015福田靖子賞選考会福田靖子賞(第1位))
ラヴェル:ラ・ヴァルス
ラフマニノフ:エチュード「音の絵」 ニ長調 Op.39-9
※通訳なし

12:30-14:00 休憩

14:00- 山崎亮汰 (17歳、2013福田靖子賞・2014ピティナ特級グランプリ)
リスト:巡礼の年第2年「イタリア」S.161 より 「ダンテを読んで - ソナタ風幻想曲」
ショパン:バラード第2番 ヘ長調 Op.38

15:00- 三上結衣(18歳、2015福田靖子賞選考会奨励賞(第3位)) 
ショパン:ポロネーズ第6番 変イ長調 Op.53 「英雄」
ショパン:エチュード イ短調 Op.10-2(時間があれば)

16:00-16:15 休憩

16:15- 黒木雪音 (17歳、2015福田靖子賞選考会福田靖子賞(第1位))
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 Op.23
※この枠は、2コマ連続のレッスン、通訳なしです。

18:15頃終了予定



※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※時間は、進行によって多少前後することがあります。