11/5ロナン・オホラ先生(ギルドホール音楽演劇学校ピアノ科主任教授)特別レッスン聴講募集

オホラ先生
2013年のピティナ&福田靖子賞選考会審査員で、イギリスの名門ギルドホール音楽演劇学校で教鞭をとる名ピアニスト、ロナン・オホラ先生のマスタークラスが再び開催されます!英国紳士を絵に描いたようなお人柄に加え、どのような作品もあたたかみのある圧倒的な実演をまじえ、本質的でノーブルな音楽を提示されます。そのレッスンのファンは日本で着実に増えてきており、教育的かつ音楽的で必見必聴です。貴重なこの機会の聴講者を募集しますので、是非、ご来聴ください。

日程:2016年11月5日(土)時間割は下記
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:千田直子先生(英語)
主催:公益財団法人福田靖子賞基金
協力:ピティナ

聴講料:1日当たり3,000円(1日のうちではどの枠でもご覧いただけます)

受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
メールタイトルを「11/5オホラ先生レッスン聴講」とし、氏名、希望人数、メールアドレスまたは電話・ファックスを明記の上、メールをevent★piano.or.jp(★を@にかえてください)までお送りください。また当日のご来場も歓迎いたします。ただし、当日はおつりのご用意がないので、3,000円(1人あたり)をおつりのないようにお持ちください。

★受講生と曲目
10:30- 三上結衣(19歳、2015福田靖子賞選考会第3位)
W.A.モーツァルト:ピアノソナタ第17番ニ長調 K.576 第1楽章
リスト:パガニーニ大練習曲第6番イ短調 S.141-6 「主題と変奏」
※この枠は通訳なしです

11:30- 桑原志織 (21歳、2013ピティナ特級銀賞・福田靖子賞選考会第2位)
ショパン:バラード第4番 へ短調 Op.52
※この枠は通訳なしです

12:30-14:00 休憩

14:00- 東海林茉奈 (19歳、2013福田靖子賞選考会第3位)
シェーンベルク:6つのピアノ小品 Op.19
ベートーヴェン:ピアノソナタ第24番嬰ヘ長調 Op.78 「テレーゼ」

15:00- 渡邊晟人(16歳、2015福田靖子賞選考会入選) 
リスト:スペイン狂詩曲 S.254

16:00-16:15 休憩

16:15- 杉本沙織 (20歳、2013福田靖子賞選考会入選)
スクリャービン:ピアノソナタ第5番 Op.53

17:15- 鐵百合奈(24歳、2011G級銅賞・2014特級セミファイナリスト) 
ベートーヴェン:ピアノソナタ第28番 イ長調 Op.101
※この枠は通訳なしです

18:15頃終了予定


※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※時間は、進行によって多少前後することがあります。

10/23リー・カムシン先生(バンクーバー音楽院教授)特別レッスン聴講募集

Lee-Kum-Sing-058.jpg
ショパンコンクール、エリザベート王妃国際コンクール、ダブリン、ジーナ・バッカウアーなどの審査員を歴任し、「プロのピアニストから尊敬されるプロ」、バンクーバー音楽院のリー・カムシン先生の特別レッスンを公開いたします。芸術的なインスピレーションと豊かな教養を持ち、「アジア人がクラシック音楽を勉強する意味」を長年追求してきたからこそ導き出されるリー先生の豊潤な音楽の世界は、まさに「ピアノ界の哲学者」。他のどの教授ともまったく異なる独自の音楽世界を、特別に公開レッスンで見せて下さることになりました。受講生も、すでに自分の音楽世界を追求する段階に入っている大学生から留学帰りのピアニストたちまで。音楽という芸術の魅力を改めて見つめてみたい方へ。どうぞご聴講ください。

日程:2016年10月23日(日)時間割は下記
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:千田直子先生(英語)※通訳のない枠もあります
主催:公益財団法人福田靖子賞基金
協力:ピティナ、株式会社オーパス・ワン

聴講料:1日当たり3,000円(1日のうちではどの枠でもご覧いただけます)

受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
メールにて、タイトルを「10/23リーカムシン先生レッスン聴講希望」とし、氏名、希望人数、連絡先(メール・電話番号)を添えて、event★piano.or.jp(★を@にかえてください)までお送りください。また、当日の聴講も可能です。どの枠からでもお入りいただけます。1人3,000円をお釣りのないようにお持ちください(当日、お釣りの用意がございません)。

★受講生と曲目

10:30- 桑原志織 (21歳、2013ピティナ特級銀賞・福田靖子賞選考会第2位) 
リスト:巡礼の年第2年「イタリア」S.161 より 「ダンテを読んで ? ソナタ風幻想曲」
※通訳なし

11:30- 尾崎未空 (20歳、2016ピティナ特級グランプリ)
シューマン:ピアノソナタ第1番嬰ヘ短調 Op.11
※通訳なし

12:30-14:00 休憩

14:00- 原田莉奈 (19歳、2014ピティナG級ファイナリスト、東京芸術大学)
シューマン:蝶々 Op.2

15:00- 太田糸音 (16歳、2016ピティナ特級銀賞)
リスト:パガニーニによる大練習曲第3番 嬰ト短調 S.141-3 「ラ・カンパネラ」
ショパン:エチュード Op.10-4,5,Op.25-12の中から(時間があれば)

16:00-16:15 休憩

16:15- 今田篤 (26歳、2010ピティナ特級銀賞)
ショパン:ピアノソナタ第2番変ロ短調 Op.35 「葬送」
※通訳なし

17:15- 黒木雪音 (17歳、2015福田靖子賞選考会第1位)
J.S.バッハ=ブゾーニ編:シャコンヌ
※通訳なし

18:15頃終了予定


※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※時間は、進行によって多少前後することがあります。

10/17マッツ・ヤンソン先生(瑞オーレブロ音楽大学教授)特別レッスン聴講募集

matsjansson.jpg
ビヨンド・ザ・ボーダー音楽祭」出演のために来日中のスウェーデンの名手、マッツ・ヤンソン先生の特別マスタークラスを公開いたします。名教師ハンス・ライグラフに師事し、87年のヴィオッティ国際ピアノコンクールで1位なしの第2位に入賞するなど、若いころから活躍。1994年からスウェーデンのオーレブロ音楽大学で教鞭をとりながら、ノールショッピング音楽祭の音楽監督も務めるなど、活動の幅は広く、演奏も、ソロだけでなく、妻であるピアニストの浅原依子とのデュオ活動にも定評があります。ピティナでは、10月12日(水)の公開録音コンサートにも登場します。知る人ぞ知る北欧の名手の、たいへん貴重なマスタークラスを是非ご聴講ください。

日程:2016年10月17日(月)午後 時間割は下記
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:千田直子先生(英語)※通訳のある枠は限られています。詳しくは下記時間割参照。
主催:公益財団法人福田靖子賞基金
協力:コンサートイマジン、ピティナ

聴講料:1日当たり3,000円(1日のうちではどの枠でもご覧いただけます)

受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、当日、直接会場へお越しください。当日はおつりのご用意がないので、3,000円(各日、1人あたり)をおつりのないようにお持ちください。

★受講生と曲目
14:00- 原嶋唯 (22歳、2015ピティナ特級二次入選、桐朋学園大学)
ショパン:ピアノソナタ第2番変ロ短調 Op.35 「葬送」 (主に第1、2楽章)

15:00- 篠永紗也子 (22歳、2015ピティナ特級グランプリ、東京音楽大学大学院)
サン・サーンス=リスト編:死の舞踏 S.555

16:00-16:15 休憩

16:15- 桑原志織 (20歳、2013ピティナ特級銀賞、東京芸術大学)
リスト:ピアノ協奏曲第1番変ホ長調 S.124
※通訳なし

17:15- 田母神夕南 (22歳、2015ピティナ特級銅賞、東京音楽大学大学院)
ワーグナー=リスト編:イゾルデの愛の死 S.447
リスト:巡礼の年第3年 S.143 より 「エステ荘の噴水」
※通訳なし

18:15-18:30 休憩

18:30- 尾崎未空(20歳、2016ピティナ特級グランプリ、昭和音楽大学)
リスト:巡礼の年第2年「イタリア」 S.141 より 「ペトラルカのソネット第104番」
W.A.モーツァルト:ロンド イ短調 K.511
※通訳なし

19:30頃終了予定

※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※時間は、進行によって多少前後することがあります。