5/20ロナン・オホラ先生(英ギルドホール音楽演劇学校教授)特別レッスン聴講募集

当マスタークラスシリーズでもすっかりお馴染みとなったイギリス・ギルドホール音楽演劇学校ピアノ科教授のロナン・オホラ先生のマスタークラスを公開します。高い演奏能力、ソルフェーシュ能力を駆使して、オーソドックスな中に音楽の基本をじっと見つめる、誰が受講しても聴講しても等しく勉強になる、最高レベルのレッスンです。「弾き手がまずしっかりと音を聴くこと、それによって聞き手にも伝わりやすくなる」という大原則は、誰でも当然に分かってはいながら、なかなか徹底的に追求することは難しいものです。いつでもその原則に立ち返りながら、曲のスタイルに応じて何をどう聴いたらよいか示してくださるオホラ先生のレッスンは、導入期からの子供たちのレッスンや音楽家を目指す若者の指導に広く応用できる普遍的な内容に満ちています。ぜひご聴講ください。

日程:2018年5月20日(日)時間割は下記
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:千田直子先生(英語) ※通訳のない枠もあります
主催:公益財団法人福田靖子賞基金
協力:ピティナ
聴講料:1日当たり3,000円(1日のうちではどの枠でもご覧いただけます)

受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールタイトルを「オホラ先生レッスン聴講申込」とし、メールにて「event@piano.or.jp」(@を半角にかえてください)まで、氏名、ご連絡先(メールorTEL)をお送りください。折り返し詳細をご連絡します。または当日、直接会場へお越しいただくのも歓迎です。当日はおつりのご用意がないので、3,000円(1人あたり)をおつりのないようにお持ちください。

★受講生と曲目
10:00- 尾崎未空 (22歳、2016ピティナ特級グランプリ)
ベートーヴェン:ピアノソナタ第13番 変ホ長調 Op.27-1
※この枠は通訳なしです

11:00- 山崎亮汰(19歳、2013福田靖子賞選考会第1位・2014ピティナ特級グランプリ)
シューマン:交響的練習曲 Op.13
※この枠は通訳なしです

11:00- 東海林茉奈(22歳、2013福田靖子賞選考会第3位・2017ピティナ特級セミファイナリスト) 
J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻 第9番 ホ長調 BWV854
ドビュッシー:エチュード「組み合わされたアルペジオのための」
(時間があれば)ショパン:24の前奏曲 Op.28 (抜粋)
※この枠は通訳なしです。直前で都合により曲目が追加になりました。ご了承ください。


13:00-14:00 休憩

14:00- 谷昂登(14歳、2017福田靖子賞選考会第2位)
シューマン:幻想小曲集 Op.12

15:00- 森本隼太(13歳、2017福田靖子賞選考会第1位・2016ピティナE級金賞) 
スクリャービン:ワルツ 変イ長調 Op.38、 エチュード 嬰ヘ長調 Op.42-3

16:00-16:15 休憩

16:15- 沢田蒼梧(19歳、2015ピティナG級金賞・福田靖子賞選考会第4位) 
ベートーヴェン:ピアノソナタ第27番 ホ短調 Op.90
リスト:超絶技巧練習曲第10番 ヘ短調 S.139-10
※この枠は通訳なしです

17:15- 古海行子(20歳、2015福田靖子賞選考会第1位・2016ピティナG級金賞) 
ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 Op.60
※この枠は通訳なしです。直前で都合により曲目が変更になりました。ご了承ください。

18:15頃終了予定


※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※時間は、進行によって多少前後することがあります。

4/28ダグ・アシャツ先生(ピアニスト)特別レッスン聴講募集

アシャツ先生スウェーデン出身の知る人ぞ知る名ピアニスト、ダグ・アシャツ先生のマスタークラスを開催いたします。先生は、スウェーデンのCDレーベル「BIS」への膨大な録音やストラヴィンスキー「春の祭典」のピアノ編曲などで知られますが、コルトーやアゴスティ、ペルルミュテールなど、歴史に名を遺す名ピアニストたちの指導を受け、バーンスタイン、チェリビダッケ、ヤンソンスら超一流の指揮者とも共演したマエストロです。また、教育にも情熱を注いでこられ、長くローザンヌで教鞭をとったほか、国際コンクールの審査、音楽祭でのマスタークラスなど、旺盛な音楽活動はとどまるところを知りません。たいへん貴重なこの機会のマスタークラスの聴講生を募集いたします。どうぞご参加ください。

日程:2018年4月28日(土)時間割は下記
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:藤本優子先生(フランス語)
主催:公益財団法人福田靖子賞基金
協力:ピティナ
聴講料:1日当たり3,000円(1日のうちではどの枠でもご覧いただけます)

受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールタイトルを「アシャツ先生レッスン聴講申込」とし、メールにて「event@piano.or.jp」(@を半角にかえてください)まで、氏名、ご連絡先(メールorTEL)をお送りください。折り返し詳細をご連絡します。または当日、直接会場へお越しいただくのも歓迎です。当日はおつりのご用意がないので、3,000円(1人あたり)をおつりのないようにお持ちください。

★受講生と曲目
10:30- 原田莉奈 (21歳、2014ピティナG級入選)
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 Op.16

11:30- 東海林茉奈 (21歳、2013福田靖子賞選考会第3位・2017ピティナ特級セミファイナリスト)
ショパン:24の前奏曲 Op.28 (抜粋、主に第9番以降)

12:30-14:00 休憩

14:00- 谷昂登(14歳、2017福田靖子賞選考会第2位)
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番ハ長調 Op.26

15:00- 片山響 (15歳、2016ピティナJr.G級銀賞)
ショパン:エチュード ハ長調 Op.10-1、ヘ長調 Op.10-8
ベートーヴェン:ピアノソナタ第3番 ハ長調 Op.2-3 第1楽章

16:00-16:15 休憩

16:15- 村上智則 (18歳、2016特級セミファイナリスト・2017福田靖子賞選考会第3位)
シューマン:フモレスケ 変ロ長調 Op.20

17:15- 尾崎未空(22歳、2016ピティナ特級グランプリ)
W.A.モーツァルト:幻想曲 ニ短調 K.397
ショパン:ノクターン 嬰ハ短調 Op.27-1

18:15頃終了予定

※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※時間は、進行によって多少前後することがあります。

【入賞情報】古海行子さん(第7回福田靖子賞選考会第1位)が高松国際ピアノコンクールで優勝

当財団奨学生の古海行子さん(2015福田靖子賞選考会第1位)が、第4回高松国際ピアノコンクールで第1位に入賞されました。併せて委嘱作品演奏者賞、香川県知事賞、高松市長賞、公益財団法人松平公益会賞、公益財団法人高松市文化芸術財団理事長賞も受賞されました。

おめでとうございます!

高松国際ピアノコンクールウェブサイト
http://www.tipc.jp/

優勝記念リサイタルの情報はこちら
http://www.piano.or.jp/concert/yp/10s/vol19/

3/26ヴィンチェンツォ・バルツァーニ先生(ヴェルディ音楽院教授)マスタークラス聴講募集

イタリアで多くの国際コンクールを主宰、審査されている名教授ヴィンチェンツォ・バルツァーニ先生のレッスンを公開します。今回、高松国際ピアノコンクール審査のために来日される先生に特別に時間を割いていただいて実現したマスタークラスです。コンクールの審査・企画のほか、入賞者や若い音楽家へのサポート活動もライフワークとしておられ、教育への情熱溢れる先生です。また、レパートリーや知識も膨大で、演奏はもちろん、次々に溢れ出る興味深いお話も音楽への興味を喚起させてくれます。貴重なレッスンの機会を特別公開しますので、ぜひご聴講ください。

日程:2018年3月26日(月)時間割は下記
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:石川悠子先生(英語)
主催:公益財団法人福田靖子賞基金
協力:ピティナ
聴講料:1日当たり3,000円(1日のうちではどの枠でもご覧いただけます)

受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールタイトルを「バルツァーニ先生レッスン聴講申込」とし、メールにて「event@piano.or.jp」(@を半角にかえてください)まで、氏名、ご連絡先(メールorTEL)をお送りください。折り返し詳細をご連絡します。または当日、直接会場へお越しいただくのも歓迎です。当日はおつりのご用意がないので、3,000円(1人あたり)をおつりのないようにお持ちください。

★受講生と曲目
10:30- 東海林茉奈 (20歳、2013福田靖子賞選考会第3位・2017ピティナ特級セミファイナリスト)
J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻 第9番ホ長調
ショパン:ノクターン ロ長調 Op.62-1
※通訳なし

11:30- 吉原佳奈 (16歳、2016ピティナG級銀賞・2017福田靖子賞選考会入選)
リスト:「リゴレット」による演奏会用パラフレーズ S.434

12:30-14:00 休憩

14:00- 森本隼太(13歳、2016ピティナE級金賞・2017福田靖子賞選考会第1位)
ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番 ハ短調 Op.13 「悲愴」

15:00- 村上智則 (18歳、2016特級セミファイナリスト・2017福田靖子賞選考会第3位)
リスト:巡礼の年第2年「イタリア」S.161 より 「ダンテを読んで-ソナタ風幻想曲」

16:00-16:15 休憩

16:15- 太田糸音(18歳、2016ピティナ特級銀賞) 
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 Op.26

17:15- 三上結衣(20歳、2015福田靖子賞選考会第3位)
ラヴェル:「夜のガスパール」より「スカルボ」
※通訳なし

18:15頃終了予定


※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※時間は、進行によって多少前後することがあります。

3/3ジャック・ルヴィエ先生(ザルツブルク・モーツァルテウム大学教授)特別レッスン聴講募集

ルヴィエ先生
日本ではすっかりお馴染みの名教授、フランスのジャック・ルヴィエ先生の特別レッスンを公開いたします。フランス物だけでなく、ベートーヴェンやモーツァルトなどの古典的様式感から、ロマン派各作品の特徴づけ、近現代作品の的確な解釈など、どれを取っても世界最高レベルの音楽的内容を持ちながら、一方で、目の前の生徒一人ひとりの個性や達成度を瞬時につかみとり、もう一歩踏み出すために与える処方箋はどれも正確無比。総合的に極めてハイレベルな最高峰のピアノ指導のワンシーンをぜひこの機会にご聴講ください。

日程:2018年3月3日(土)時間割は下記
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:藤本優子先生(フランス語)
主催:公益財団法人福田靖子賞基金
協力:ピティナ

聴講料:1日当たり3,000円(1日のうちではどの枠でもご覧いただけます)

受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールタイトルを「ルヴィエ先生レッスン聴講申込」とし、メールにて「event@piano.or.jp」(@を半角にかえてください)まで、氏名、ご連絡先(メールorTEL)をお送りください。折り返し詳細をご連絡します。または当日、直接会場へお越しいただくのも歓迎です。当日はおつりのご用意がないので、3,000円(1人あたり)をおつりのないようにお持ちください。

★受講生と曲目
10:30- 黒木雪音 (19歳、2015福田靖子賞選考会第1位・2017ピティナG級金賞)
ラヴェル:「夜のガスパール」より「スカルボ」

11:30- 太田糸音(18歳、2016ピティナ特級銀賞) 
J.S.バッハ:半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV903

12:30-14:00 休憩

14:00- 東海林茉奈(21歳、2013福田靖子賞選考会第3位)
プロコフィエフ:ピアノソナタ第7番 変ロ長調 Op.83 「戦争ソナタ」

15:00- 尾崎未空(22歳、2016ピティナ特級グランプリ) 
ドビュッシー:前奏曲集第1巻より「アナカプリの丘」「ミンストレル」
ショパン:4つのマズルカ Op.33

16:00-16:15 休憩

16:15- 古海行子(20歳、2015福田靖子賞選考会第1位・2016ピティナG級金賞) 
シューマン:ピアノソナタ第3番 へ短調 Op.14 (主に第3、4楽章)
※直前に曲目が変更になりました。ご了承ください。

17:15- 篠永紗也子(24歳、2015ピティナ特級グランプリ)
スクリャービン:エチュード 嬰ハ短調 Op.42-5
ラヴェル:「夜のガスパール」より「スカルボ」

18:15頃終了予定



※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※時間は、進行によって多少前後することがあります。

【活動報告】ウィリアム・ナボレ先生(コモ湖国際ピアノアカデミー主宰)特別マスタークラス

2月4日(日)5日(月)の2日間にわたり、マスタークラス第91回「ウィリアム・ナボレ先生特別マスタークラス」が行われました。

講師のナボレ先生は、イタリアのコモ湖国際ピアノアカデミーを創設し、今も音楽監督・講師を務めるマエストロ。ショパンコンクールやチャイコフスキーコンクール優勝者・入賞者を数多く指導した情熱溢れるレッスンは、驚くほど緻密で、一切の妥協を許さない音楽への献身的な姿勢は若いピアニストに多くの学びを与えました。受講生がお互いに楽譜を持ち寄って聴講し合う姿も見られ、4日(日)には多くの聴講生(ピアノ指導者)も迎えて、アカデミックな雰囲気の中で充実したレッスンが行われました。






2/10マルティノ・ティリモ先生(英トリニティ・ラバン音楽大学教授)特別レッスン聴講募集

ティリモ
EMIにシューベルト、ブラームス、ラフマニノフ、ドビュッシーなど膨大な録音を残し、シューベルトのウィーン原典版校訂でも知られる名ピアニスト、マルティノ・ティリモ先生のレッスンを開講いたします。コモ湖国際ピアノアカデミーのスタニスラフ・ユデニッチ先生(クライバーンコンクール優勝者)など世界のピアニストたちからの信頼も篤い名匠の中の名匠。2月13日には横浜、2月14日には京都でコンサートも予定されています。大変貴重なこのマエストロのレッスンを特別に公開しますので、この機会に是非ご聴講ください。

日程:2018年2月10日(土)時間割は下記
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:小川英子先生(英語)※通訳のある枠が限られています。詳しくは下記時間割参照。
主催:公益財団法人福田靖子賞基金
協力:ピティナ

聴講料:1日当たり3,000円(1日のうちではどの枠でもご覧いただけます)

受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールタイトルを「ティリモ先生レッスン聴講申込」とし、メールにて「event@piano.or.jp」(@を半角にかえてください)まで、氏名、ご連絡先(メールorTEL)をお送りください。折り返し詳細をご連絡します。または当日、直接会場へお越しいただくのも歓迎です。当日はおつりのご用意がないので、3,000円(1人あたり)をおつりのないようにお持ちください。

★受講生と曲目
10:30- 石川美羽 (17歳、2016ピティナG級ベスト賞)
ショパン:ピアノソナタ第3番 ロ短調 Op.58 第1楽章・第2楽章
(またはスクリャービン:ピアノソナタ第9番 Op.68 「黒ミサ」)
※通訳なし

11:30- 杉本直登 (27歳、2016ピティナ特級セミファイナリスト)
ブラームス:4つの小品 Op.119、間奏曲 Op.118-2(時間があれば)

12:30-14:00 休憩

14:00- 橋本崚平(17歳、2016ピティナF級銀賞)
ショパン:バラード第4番 へ短調 Op.52

15:00- 東海林茉奈 (20歳、2013福田靖子賞選考会第3位・2017ピティナ特級セミファイナリスト)
W.A.モーツァルト:ピアノソナタ第18番 ニ長調 K.576
ドビュッシー:エチュード「組み合わされたアルペジオのための」
※通訳なし

16:00-16:15 休憩

16:15- 古海行子 (19歳、2015福田靖子賞選考会第1位・2016ピティナG級金賞)
シューマン:ピアノソナタ第3番 へ短調 Op.14
※通訳なし

17:15- 田母神夕南 (24歳、2015ピティナ特級銅賞)
ベートーヴェン:ピアノソナタ第29番 変ロ長調 Op.106 「ハンマークラヴィア」(抜粋)
※通訳なし

18:15頃終了予定


※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※時間は、進行によって多少前後することがあります。

千葉百香さん(全日本学生音楽コンクール第1位)に福田靖子賞授与

2017年度第71回全日本学生音楽コンクール中学の部第1位受賞者である千葉百香さんに、1月20日、東京大会入賞者演奏会&表彰式にて、当財団理事長福田成康より「福田靖子賞」奨学金15万円が授与されました。当奨学金は、海外渡航・学習の補助のサポートとして活用されます。おめでとうございます!

福田理事長と千葉さん

表彰式にて賞状・目録を授与

2/4-5ウィリアム・ナボレ先生(コモ湖国際ピアノアカデミー主宰)特別レッスン聴講募集

ウィリアム・グラント・ナボレ
2011年度のコンペティション・福田靖子賞選考会を審査してくださった、イタリア・コモ湖国際ピアノアカデミー創設者・主宰のウィリアム・グラント・ナボレ先生が再来日して、特別にマスタークラスを実施してくださいます。ショパンコンクール優勝のユリアンナ・アブデーエヴァ、チャイコフスキーコンクール優勝のドミトリ・マスレーエフ、エリザベート王妃国際コンクール優勝のデニス・コジュヒンら多くの国際コンクール優勝者・入賞者が集う特別な教育機関を今も牽引し、若い音楽家から特別な尊敬を集める名教授です。その精緻な楽譜の読みと徹底したこだわりは必見。めったに聞けない貴重な聴講の機会、ぜひご覧ください。

日程:2018年2月4日(日)5日(月)時間割は下記
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:千田直子先生(英語)※通訳のある枠・ない枠があります。詳しくは下記時間割参照。
主催:公益財団法人福田靖子賞基金
協力:ピティナ

聴講料:1人・1日当たり3,000円(1日のうちではどの枠でもご覧いただけます)

受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールタイトルを「ナボレ先生レッスン聴講申込」とし、メールにて「event@piano.or.jp」(@を半角にかえてください)まで、希望日(2/4、2/5、両日)氏名、ご連絡先(メールorTEL)をお送りください。折り返し詳細をご連絡します。または当日、直接会場へお越しいただくのも歓迎です。当日はおつりのご用意がないので、3,000円(1人・1日あたり)をおつりのないようにお持ちください。

★受講生と曲目
【2月4日】
10:30- 黒木雪音 (19歳、2015福田靖子賞選考会第1位、2017ピティナG級金賞)
J.S.バッハ:フランス組曲第5番 ト長調 BWV816
※通訳なし

11:30- 吉原佳奈 (16歳、2016ピティナG級銀賞・2017福田靖子賞選考会入選)
ショパン:幻想曲 へ短調 Op.49

12:30-14:00 休憩

14:00- 谷昂登(14歳、2014ピティナJr.G級金賞・2017福田靖子賞選考会第2位)
ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」からの3楽章

15:00- 森本隼太(13歳、2016ピティナE級金賞・2017福田靖子賞選考会第1位)
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18

16:00-16:15 休憩

16:15- 沢田蒼梧(19歳、2015ピティナG級金賞・福田靖子賞選考会第4位)
リスト:ピアノソナタ ロ短調 S.178
※通訳なし

17:15- 古海行子 (19歳、2015福田靖子賞選考会第1位・2016ピティナG級金賞)
ショスタコーヴィチ:ピアノソナタ第1番 Op.12
※通訳なし

18:15頃終了予定


【2月5日】
13:00- 村上智則 (18歳、2016特級セミファイナリスト・2017福田靖子賞選考会第3位)
ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番 変イ長調 Op.110
リスト:巡礼の年第2年「イタリア」S.161 より 「ダンテを読んで - ソナタ風幻想曲」
※この枠は2コマです

15:00-15:15 休憩

15:15- 三上結衣(20歳、2015福田靖子賞選考会第3位)
リスト:死の舞踏 S.525
※通訳なし

16:15- 桑原志織(22歳、2016ピティナE級金賞・2017福田靖子賞選考会第1位)
プロコフィエフ:ピアノソナタ第8番 変ロ長調 Op.84 「戦争ソナタ」
※通訳なし

17:15-17:30 休憩

17:30- 渡邊さくら(18歳、2015ピティナG級ベスト賞・2017福田靖子賞選考会入選)
ベートーヴェン:ピアノソナタ第18番 変ホ長調 Op.31-3
ショパン:エチュード 嬰ハ短調 Op.10-4、イ短調 Op.25-11 「木枯らし」
ドビュッシー:喜びの島
※通訳なし、この枠は2コマです

19:30頃終了予定


※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※時間は、進行によって多少前後することがあります。

1/14ヘンリ・シーグフリードソン先生(エッセン・フォルクヴァング芸術大学教授)特別レッスン聴講募集

シーグフリードソン先生
2017年度ピティナ・ピアノコンペティションおよび福田靖子賞選考会に海外招聘審査員としてお迎えした、フィンランド出身の若き名匠ヘンリ・シーグフリードソン先生の特別レッスンを公開します。福田靖子賞選考会では、音楽を普遍的に大きく捉えながら、細部にも細やかに神経を行き届かせる素晴らしいレッスンを披露してくださいました。近年は指揮者としても活躍する一方、ドイツのエッセンで教育活動にも熱心に取り組んでおられます。レッスンを特別に公開しますので、是非ご聴講ください。

日程:2018年1月14日(日)時間割は下記
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:千田直子先生(英語)※通訳のある枠・ない枠があります。詳しくは下記時間割参照。
主催:公益財団法人福田靖子賞基金
協力:ピティナ

聴講料:1日当たり3,000円(1日のうちではどの枠でもご覧いただけます)

受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールタイトルを「シーグフリードソン先生レッスン聴講申込」とし、メールにて「event@piano.or.jp」(@を半角にかえてください)まで、氏名、ご連絡先(メールorTEL)をお送りください。折り返し詳細をご連絡します。または当日、直接会場へお越しいただくのも歓迎です。当日はおつりのご用意がないので、3,000円(1人あたり)をおつりのないようにお持ちください。

★受講生と曲目
10:30- 桑原志織 (22歳、2013ピティナ特級銀賞・福田靖子賞選考会優秀賞(第2位))
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 Op.73 「皇帝」
※通訳なし

11:30- 東海林茉奈 (20歳、2013福田靖子賞選考会第3位・2017ピティナ特級セミファイナリスト)
シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 Op.54
※通訳なし

12:30-14:00 休憩

14:00- 尾城杏奈(20歳、2013福田靖子賞選考会入選・2015ピティナ特級セミファイナリスト)
スクリャービン:ワルツ 変イ長調 Op.38、ピアノソナタ第6番 Op.62

15:00- 渡邊晟人(17歳、2014ピティナF級金賞・2015福田靖子賞選考会入選)
メンデルスゾーン=ラフマニノフ:「真夏の夜の夢」より「スケルツォ」

16:00-16:15 休憩

16:15- 石川美羽(17歳、2016ピティナG級ベスト賞)
ベートーヴェン:ピアノソナタ第18番 変ホ長調 Op.31-3
※通訳なし

17:15- 古海行子 (19歳、2015福田靖子賞選考会第1位・2016ピティナG級金賞)
リスト:巡礼の年第2年「イタリア」S.161 より 「婚礼」
リスト:ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調 S.124
※通訳なし

18:15頃終了予定


※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※時間は、進行によって多少前後することがあります。

1/7エリック・タヴァッシェルナ先生(シベリウスアカデミー教授)特別レッスン聴講募集

タヴァッシェルナ先生
2007年度ピティナ・ピアノコンペティションにも海外招聘審査員としてお迎えした、フィンランドの名門シベリウス音楽アカデミーのピアノ科主任教授エリック・タヴァッシェルナ先生の特別レッスンを昨年に引き続き開催します。シベリウスのピアノ音楽の演奏家・研究家としても世界的に知られ、また、近年は、北欧を代表する音楽大国・教育大国フィンランドを代表する名教授として、国際コンクール審査や音楽祭に引っ張りだこの先生です。その温かみのあるお人柄と気品のある音楽は、ユニバーサルでいつの時代も変わらない音楽の魅力を最大限に伝えてくださいます。このレッスンを特別に公開しますので、是非ご聴講ください。

日程:2018年1月7日(日)時間割は下記
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:千田直子先生(英語)※通訳のある枠・ない枠があります。詳しくは下記時間割参照。
主催:公益財団法人福田靖子賞基金
協力:ピティナ、(株)東音企画

聴講料:1日当たり3,000円(1日のうちではどの枠でもご覧いただけます)

受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールタイトルを「タヴァッシェルナ先生レッスン聴講申込」とし、メールにて「event@piano.or.jp」(@を半角にかえてください)まで、氏名、ご連絡先(メールorTEL)をお送りください。折り返し詳細をご連絡します。または当日、直接会場へお越しいただくのも歓迎です。当日はおつりのご用意がないので、3,000円(1人あたり)をおつりのないようにお持ちください。

★受講生と曲目
13:30- 村上智則(18歳、2017福田靖子賞選考会第3位)
ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番 変イ長調 Op.110

14:30- 尾城杏奈(20歳、2013福田靖子賞選考会入選・2015ピティナ特級セミファイナリスト) 
リスト:巡礼の年第1年「スイス」 S.160 より 「夕立」「オーベルマンの谷」

15:30-15:45 休憩

15:45- 沢田蒼梧 (19歳、2015ピティナG級金賞)
リスト:ピアノソナタ ロ短調 S.178
※この枠は通訳なし

16:45- 古海行子 (19歳、2015福田靖子賞選考会第1位・2016ピティナG級金賞)
ハイドン:ソナタ ニ長調 Hob.XVI/37
※この枠は通訳なし

17:45頃 終了

※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※時間は、進行によって多少前後することがあります。