10/16ロバート・レヴィン先生特別マスタークラス聴講限定募集

レヴィン先生
2010年にピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会審査とピティナ・ピアノフェスティバル「ハイドンとモーツァルト」で来日してくださった、<現代のモーツァルト>ロバート・レヴィン先生が、超多忙のコンサートスケジュールの合間を縫って、急きょマスタークラスをお引き受けくださいました!!
レヴィン先生は、ピリオド楽器奏者、モーツァルト研究者、モーツァルトの未完成作品の補筆作曲者、ハーバード大学教授、そしてバロックから現代まで幅広いレパートリーを持つピアニストとして、世界を飛び回っていらっしゃいます。今回は、クラリネットの名手チャールズ・ナイディックとのコンサートのほか、東京大学での特別講義「モーツァルトと環境学」も予定され、その演奏と博識を披露してくださいます。そんななか、福田靖子賞選考会参加者およびピティナ入賞者のために、急きょ1日を割いて、マスタークラスを開講してくださることになりました。聴講者を限定募集しますので、レヴィン先生一流の「古典派」論を極めに、是非、ご来聴ください。

日程:2011年10月16日(日) 12時から18時
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:石川悠子先生(英語)
主催:一般財団法人福田靖子賞基金
協力:パシフィック・コンサート・マネジメント、(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

聴講料:3,000円(20名限定、先着順)
受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講の募集は終了しました。当日券はありません。

★受講生と曲目

12:00- 實川風(2007ピティナ・ピアノコンペティション特級銅賞)
モーツァルト:グルック「メッカの巡礼」より「愚かな民は思う」による10の変奏曲 ト長調 K.455

13:00- 桑原志織(2011ピティナ・ピアノコンペティションG級ベスト賞) 
モーツァルト:ピアノソナタ第4番変ホ長調 K.282

14:00-15:00 昼休憩

15:00- 梅村知世(2010ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ)
ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番変イ長調 Op.110

16:00- 阪田知樹(2011ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ)
モーツァルト:ピアノソナタ第10番ハ長調 K.330
(※この枠のみ通訳なしの予定です)

17:00- 尾崎未空(2010ピティナ・ピアノコンペティションJr.G級金賞)
ショパン:序奏とロンド 変ホ長調 Op.16/エチュード 嬰ト短調 Op.25-6

18:00頃終了予定



※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。