2/10マルティノ・ティリモ先生(英トリニティ・ラバン音楽大学教授)特別レッスン聴講募集

ティリモ
EMIにシューベルト、ブラームス、ラフマニノフ、ドビュッシーなど膨大な録音を残し、シューベルトのウィーン原典版校訂でも知られる名ピアニスト、マルティノ・ティリモ先生のレッスンを開講いたします。コモ湖国際ピアノアカデミーのスタニスラフ・ユデニッチ先生(クライバーンコンクール優勝者)など世界のピアニストたちからの信頼も篤い名匠の中の名匠。2月13日には横浜、2月14日には京都でコンサートも予定されています。大変貴重なこのマエストロのレッスンを特別に公開しますので、この機会に是非ご聴講ください。

日程:2018年2月10日(土)時間割は下記
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:小川英子先生(英語)※通訳のある枠が限られています。詳しくは下記時間割参照。
主催:公益財団法人福田靖子賞基金
協力:ピティナ

聴講料:1日当たり3,000円(1日のうちではどの枠でもご覧いただけます)

受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールタイトルを「ティリモ先生レッスン聴講申込」とし、メールにて「event@piano.or.jp」(@を半角にかえてください)まで、氏名、ご連絡先(メールorTEL)をお送りください。折り返し詳細をご連絡します。または当日、直接会場へお越しいただくのも歓迎です。当日はおつりのご用意がないので、3,000円(1人あたり)をおつりのないようにお持ちください。

★受講生と曲目
10:30- 石川美羽 (17歳、2016ピティナG級ベスト賞)
ショパン:ピアノソナタ第3番 ロ短調 Op.58 第1楽章・第2楽章
(またはスクリャービン:ピアノソナタ第9番 Op.68 「黒ミサ」)
※通訳なし

11:30- 杉本直登 (27歳、2016ピティナ特級セミファイナリスト)
ブラームス:4つの小品 Op.119、間奏曲 Op.118-2(時間があれば)

12:30-14:00 休憩

14:00- 橋本崚平(17歳、2016ピティナF級銀賞)
ショパン:バラード第4番 へ短調 Op.52

15:00- 東海林茉奈 (20歳、2013福田靖子賞選考会第3位・2017ピティナ特級セミファイナリスト)
W.A.モーツァルト:ピアノソナタ第18番 ニ長調 K.576
ドビュッシー:エチュード「組み合わされたアルペジオのための」
※通訳なし

16:00-16:15 休憩

16:15- 古海行子 (19歳、2015福田靖子賞選考会第1位・2016ピティナG級金賞)
シューマン:ピアノソナタ第3番 へ短調 Op.14
※通訳なし

17:15- 田母神夕南 (24歳、2015ピティナ特級銅賞)
ベートーヴェン:ピアノソナタ第29番 変ロ長調 Op.106 「ハンマークラヴィア」(抜粋)
※通訳なし

18:15頃終了予定


※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※時間は、進行によって多少前後することがあります。