8/23アンドレア・ボナッタ教授、特別マスタークラス聴講募集


ボナッタ教授
今年度、ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会の海外招聘審査員アンドレア・ボナッタ教授(イタリア)の特別マスタークラスを開講します。ボナッタ先生は、世界有数の規模を誇るブゾーニ国際ピアノコンクールの審査委員長・音楽監督を長くお務めになり、またイタリアの音楽院等で教鞭をとってきました。ピアニストとしてブラームスソロ曲全曲録音のほか、指揮活動、教授活動と幅広くご活躍で、現在は、上海音楽院客員教授のほか、エッパン国際ピアノアカデミーを設立し、ジュニアからの才能教育に力を注いでおられます。今回は、教授のレッスンを特別に開講し、福田靖子賞選考会入選者を中心に最高レベルの入賞者が受講いたします。聴講者を募集いたしますので、世界トップクラスのレッスンを間近で見学することのできるこの機会、是非お申込下さい。

日程:2012年8月23日(木)11時から18時15分
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:千田直子先生(英語) ※午前の2枠は通訳なし
主催:公益財団法人福田靖子賞基金 / 広報協力:一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

聴講料:3,000円(終日を見学できます)
受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールにて、タイトルを「8/23ボナッタ先生レッスン聴講申込み」とし、event★piano.or.jp(★を@に替えてください)まで、氏名、希望枚数、連絡先(メールorファックス)を明記のうえ、お送りください。折り返し、メールにて受講可否をご連絡いたします。

★受講生と曲目

11:00- ロー磨秀(22歳、2007福田靖子賞選考会第1位)※この枠通訳なし
リスト:バラード第2番 ロ短調 S.171
W.A.モーツァルト:ソナタ第10番ハ長調 K.330(時間があれば)

12:00- 阪田知樹(18歳、2009福田靖子賞選考会第1位、2011ピティナ特級グランプリ) ※この枠通訳なし
ベルク:ソナタ Op.1

13:00-14:00 昼食休憩

14:00- 桑原志織(16歳、2011ピティナG級ベスト賞)
バルトーク:ピアノ協奏曲第3番 Sz.119

15:00- 木村友梨香(19歳、2012ピティナ特級セミファイナル進出中(8月10日時点))
シューマン:謝肉祭 Op.9

16:00-16:15 休憩

16:15- 中川真耶加(18歳、2011福田靖子賞選考会入選・ピティナ特級セミファイナリスト)
ラヴェル:組曲「鏡」より「悲しい鳥たち」「道化師の朝の歌」

17:15- 江沢茂敏(21歳、2011ピティナG級金賞)
ベートーヴェン:ソナタ第17番ニ短調 Op.31-2「テンペスト」第1楽章、同第18番変ホ長調 Op.31-3 第1楽章

18:15終了予定

※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。