【活動報告】7/7ピオトル・パレチニ先生マスタークラス実施

7月7日(日)、パデレフスキ国際ピアノコンクール日本予選審査のために来日しているピオトル・パレチニ先生(ワルシャワ・ショパン音楽大学教授、ショパンコンクール副審査員長)によるマスタークラスを開講し、当財団の奨学生(福田靖子賞選考会参加者)6名がレッスンを受けました。パレチニ先生は、第3回(2007年)の選考会を審査してくださった先生です。

パレチニ先生は、「パーソナリティ」を大切にし、「音楽はあなたのもの。あなた自身のイマジネーションを大切にしながら演奏してください」と、決して演奏者のアイデアを否定せずに、「自分で考え、想像を膨らませる」ことの大切さを説いてくださいました。


【近況報告】阪田知樹さん(第4回福田靖子賞)、事務局に来訪

6月のヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールに入賞し、その帰国直後に仙台国際音楽コンクールにも出場していた阪田知樹さん(第4回福田靖子賞)が、ようやくコンクール及びその準備のツアーを終えて落ち着いたとのことで、7月5日、当財団事務局に来訪し、福田成康理事長に今回のツアー等の報告をしてくれました。

今後も、年度内は、3度の渡航を含め、演奏会予定などがぎっしりと詰まっているという阪田さん。福田靖子賞基金では、引き続き、阪田さんを含めた、すべての選考会出身者の学習をサポートしていきます。

福田成康理事長と阪田知樹さん(7月5日、事務局にて)

【海外情報】春のピアノ研修パリ2014

会場:パリ市内スタジオ
期間:2014年3月23日(日)から3月30日(日)
予定:
5日間の間に、各講師から2回ずつ計6回のレッスンを受講
24日(日)パリ市内散策 美術館探訪
25日(月)研修会開始   
26日(火)夜 演奏会鑑賞
27日(水)夜 バレエ鑑賞
29日(金)研修会終了 研修生全員による終了コンサートと会食
30日(土)日帰り遠足 モンフォールラモリー ラヴェルの家
31日(日) 解散 
講師:
アンリ・バルダ(元パリ国立高等音楽院、現エコールノルマル教授) 
アンヌ・ケフェレック(元パリ国立高等音楽院、及びエコールノルマル教授)
秦はるひ(元東京芸術大学講師)

募集人数:限定12名(先着順)
※定員に達し次第、締め切りますのでお早めにお申し込みください。

その他:料金詳細は、お問い合わせください。
※ホテルについてはパリ中心の安全快適なホテルを確保してあります。
※パリまでの交通手段は、各自手配してください。

◆問合せ先
園田典子(パリ在住、長期留学生のアシスト「成功する留学」元フランス責任者)
parisharu2006@gmail.com

詳細は こちらのPDF をご覧ください。

第6回福田靖子賞選考会(8月)、レッスン&最終審査聴講者募集!



◆日程・会場


レッスン 2013年8月23日(金)、24日(土)
昭和音楽大学 南校舎レッスン室(川崎・新百合ヶ丘)
最終審査会(コンサート) 2013年8月26日(月)
台東区生涯学習センター ミレニアムホール(東京・上野)

◆聴講&入場チケット申込方法

一般 PTNA会員 学生 PTNA学生会員
レッスン聴講券(23~24/各日) 4,000円 3,000円 2,000円 1,500円
最終審査会入場券 2,000円 1,500円 1,500円 1,000円

◆指導陣(海外招聘審査員)

ロナン・オホラ教授 Prof. Ronan O'Hora
イギリス 英・ギルドホール音楽演劇学校教授
ロナン・オホラ教授は、マンチェスターに生まれ、英国に学んだ。ロンドン響、 フィルハーモニア管、BBC 響などと協演。ショパンやシューマンから、ドビュッ シー・フォーレなどのフランス音楽、ドヴォルザークやグリーグまで、広範なレパートリーを誇り、バランスの取れた音楽観と、高い技巧に基づいた均整の取れた演奏で知られる。派手さよりも音楽の内面に迫る美しさが評価されて、EMI などから30 以上の音源を録音しているが、特にロイヤル・フィルハーモニー管の自主制作CD では数多くソリストに起用されている。現在は、演奏活動の傍ら、イギリスにおいてギルドホール音楽演劇学校の教授をつとめるほか、ダブリン国際ピアノコンクールなど主要な国際コンクールの審査員にも招かれている。
ボリス・ペトルシャンスキー教授 Prof. Boris Petrushansky
ロシア/イタリア  伊・イモラ国際ピアノアカデミー教授
ボリス・ペトルシャンスキー教授は、モスクワ音楽院で名教授、ゲンリヒ・ネイガウスやレフ・ナウモフに学び、リーズ、ミュンヘン、テルニなど数多くの国際コンクールに入賞した。欧米ほかエジプト、メキシコ、アジア各国の諸都市でのリサイタルを開催、また、ゲルギエフ、フェドセーエフら著名な指揮者との共演も多い。録音においても、代表盤であるショスタコーヴィチのピアノ曲全集等が高く評価されている。現在は、イタリアに籍を移し、世界有数のピアノ教育機関であるイモラ国際ピアノアカデミーで教授を務めている。イングリット・フリッター、オルガ・ケルン、フェデリコ・コッリら、多数の国際コンクール優勝者を育てている。
ジェローム・ローズ 教授 Prof. Jerome Rose
アメリカ 米・マネス音楽大学教授
ジェローム・ローズ教授は、アメリカでもっとも知られるピアニストの一人で、ブゾーニ国際ピアノコンクール優勝から輝かしいキャリアをスタートさせた。「最後のロマン派ピアニスト」と称されるように、リスト、シューマン、ショパンなどロマン派の作品の演奏には定評があり、近年ではベートーヴェンの映像作品なども発表している。ベルリンフィル、ロンドン響など著名オケ
とも共演。現在は、ニューヨークのマネス音楽大学をはじめ各所で教鞭を執りながら、自ら、マスタークラス&音楽祭の複合企画「International Keyboard Institute & Festival」を主宰し、若いピアニストなどにも多くの有益な機会を与えている。ショパン、リスト、浜松など、近年は国際コンクールの審査にも名を連ねている。

◆お問合せ

公益財団法人福田靖子賞基金/一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)
「福田靖子賞選考会」係(担当:加藤)
TEL 03-3944-1583 / FAX 03-3944-8838 / Email event@piano.or.jp
チケット申し込みは、ピティナのウェブサイトから可能です



⇒最終選考進出者はこちら

◆ 公開レッスンスケジュール

10:15開場
オホラ先生
ペトルシャンスキー先生
ローズ先生
8/23(金) 昭和音楽大学 南校舎レッスン室
10:30~11:30 尾崎 未空 平間 今日志郎 小林 海都
11:45~12:45 尾城 杏奈 中村 優似 東海林 茉奈
14:00~15:00 桑原 志織 山﨑 亮汰 杉本 沙織
15:15~16:15 小林 海都 尾崎 未空 平間 今日志郎
16:30~17:30 東海林 茉奈 尾城 杏奈 中村 優似
8/24(土) 昭和音楽大学 南校舎レッスン室
10:30~11:30 杉本 沙織 桑原 志織 山﨑 亮汰
11:45~12:45 平間 今日志郎 小林 海都 尾崎 未空
14:00~15:00 中村 優似 東海林 茉奈 尾城 杏奈
15:15~16:15 山﨑 亮汰 杉本 沙織 桑原 志織
※レッスン1コマのあいだでの途中入退室はできません。

◆最終審査会 スケジュール

8/26(月) 台東区生涯学習センター ミレニアムホール(東京・上野)
13:00-14:30 第1グループ演奏審査 杉本沙織、尾城杏奈、東海林茉奈
15:00-16:30 第2グループ演奏審査 平間今日志郎、小林海都、尾崎未空
17:00-18:30 第3グループ演奏審査 山崎亮汰、中村優似、桑原志織
19:10-19:30 結果発表・表彰式
上記のスケジュールは予定です。都合により若干の変更が生じる場合がございますので、予めご了承ください。
上記は、演奏順抽選会を経た演奏順です。


◆レッスン&最終審査会演奏曲目

 レッスン・最終審査会の曲目PDF(ダウンロード)
曲目は、最終提出版。
O ロナン・オホラ教授、P ボリス・ペトルシャンスキー教授、R ジェローム・ローズ教授

尾崎未空

O ベルク:ピアノソナタ Op.1
P メンデルスゾーン:3つのカプリス Op.33 より 第1番イ短調
メンデルスゾーン=ラフマニノフ:真夏の夜の夢より「スケルツォ」
R リスト:超絶技巧練習曲第10番 ヘ短調 S.139-10、同第11 番 変ニ長調 S.139-11「夕べの調べ」
[最終審査会プログラム]
リスト:超絶技巧練習曲第11 番 変ニ長調 S.139-11 「夕べの調べ」
ベルク:ピアノソナタ Op.1
メンデルスゾーン=ラフマニノフ:真夏の夜の夢より「スケルツォ」
メンデルスゾーン:3つのカプリス Op.33 より 第1番イ短調

尾城杏奈

O ショパン:ピアノソナタ第3 番 ロ短調 Op.58 第1,2 楽章
P ショパン:ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 Op.21 第1楽章
R ショパン:ピアノソナタ第3 番 ロ短調 Op.58 第3,4 楽章
[最終審査会プログラム]
スクリャービン:エチュード 嬰ヘ長調 Op.42-3、嬰ヘ長調 Op.42-4
ショパン:ピアノソナタ第3 番 ロ短調 Op.58

桑原志織

O ショパン:ピアノソナタ第3 番 ロ短調 Op.58
P ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番 変ロ短調 Op.36 (1931年改訂版)
R ベートーヴェン:ピアノソナタ第27 番 ホ短調 Op.90
J.S. バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1 巻 第23 番 ロ長調 BWV 868
[最終審査会プログラム]
リスト:「伝説」S.175 より 「小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ」
ラフマニノフ:ピアノソナタ第2 番 変ロ短調 Op.36 (1931 年改訂版)

小林海都

O J.S. バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第2 巻 第4 番  嬰ハ短調 BWV 873
ショパン:ノクターン第14 番 嬰ヘ短調 Op.48-2
P シューマン:交響的練習曲 Op.13
R ショパン:エチュード ロ短調 Op.25-10
スクリャービン:詩曲「炎に向かって」Op.72
[最終審査会プログラム]
シューマン:交響的練習曲 Op.13
スクリャービン:詩曲「炎に向かって」Op.72

東海林茉奈

O デュティーユ:ピアノソナタ 第3 楽章「コラールと変奏」
P プロコフィエフ:トッカータ ニ短調 Op.11
スクリャービン:エチュード 嬰ヘ短調 Op.8-2
R ショパン:幻想曲 ヘ短調 Op.49
[最終審査会プログラム]
デュティーユ:ピアノソナタ 第3 楽章「コラールと変奏」
ショパン:幻想曲 ヘ短調 Op.49
プロコフィエフ:トッカータ ニ短調 Op.11

杉本沙織

O ドビュッシー:喜びの島エチュード「反復音のための」
P ラフマニノフ:コレルリの主題による変奏曲 Op.42
R ショパン:ピアノソナタ第2 番 変ロ短調 Op.35 「葬送」
[最終審査会プログラム]
ラフマニノフ:コレルリの主題による変奏曲 Op.42
ドビュッシー:エチュード「反復音のための」
ドビュッシー:喜びの島

中村優似

O メンデルスゾーン:幻想曲 嬰ヘ短調 Op.28 「スコットランド・ソナタ」
P ショパン:エチュード ハ長調 Op.10-7
ワーグナー=リスト:イゾルデの愛の死 S.447
R J.S. バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1 巻 第13 番 嬰ヘ長調 BWV 858
徳山美奈子:ムジカ・ナラ Op.25
[最終審査会プログラム]
メンデルスゾーン:幻想曲 嬰ヘ短調 Op.28 「スコットランド・ソナタ」
ワーグナー=リスト:イゾルデの愛の死 S.447
徳山美奈子:ムジカ・ナラ Op.25

平間今日志郎

O ブラームス:ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ 変ロ長調 Op.24
P スクリャービン:幻想曲 ロ短調 Op.28
R ベートーヴェン:ピアノソナタ第26 番 変ホ長調 Op.81a 「告別」
[最終審査会プログラム]
J.S. バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1 巻 第3 番 嬰ハ長調 BWV848
ベートーヴェン:ピアノソナタ第26 番 変ホ長調 Op.81a 「告別」
スクリャービン:幻想曲 ロ短調 Op.28

山﨑亮汰

O ショパン:エチュード ハ長調 Op.10-1、イ短調 Op.25-11 「木枯らし」ほか
P リスト:メフィストワルツ第1 番 S.514 「村の居酒屋での踊り」
R ベートーヴェン:ピアノソナタ第23 番 ヘ短調 Op.57「熱情」 第2,3 楽章
[最終審査会プログラム]
ショパン:エチュード ハ長調 Op.10-1 イ短調 Op.25-11 「木枯らし」

【入賞情報】片田愛理さん(第3回入選)、仙台国際音楽コンクールで第5位入賞

片田愛理さん(東京音楽大学3年、第3回福田靖子賞選考会入選)が、6月16日-29日に仙台市で行われていた、第5回仙台国際音楽コンクールピアノ部門で、日本人唯一のファイナリストとなり、見事第5位に入賞しました。

協奏曲を中心とした仙台国際音楽コンクールは、ピアノ部門及びヴァイオリン部門があり、3年に一度開催されています。片田さんは、第1次予選で、ショパンのエチュードOp.25、第2次予選でモーツァルトのピアノ協奏曲第22番を演奏、ファイナルでは、パスカル・ヴェロ指揮仙台フィルハーモニー管弦楽団とリストのピアノ協奏曲第1番を演奏し、日本人唯一の入賞を果たしました。