【活動報告】12/13ディアーヌ・アンデルセン先生(ベルギーブリュッセル王立音楽院名誉教授)マスタークラス

12/13(土)、ベルギーのブリュッセル王立音楽院で長く教鞭をとり、演奏活動の傍ら、教育活動にも熱心に取り組んでこられた名教育者ディアーヌ・アンデルセン先生によるマスタークラスを行い、当財団奨学生5名を含む、6名がレッスンを受講しました。

アンデルセン先生の常に教育的で音楽的な言葉掛けは、シンプルで基本的なものばかりですが、それが適切なタイミングで繰り出されるために、各々の生徒さんが引っかかっている問題点を、もつれていた糸をほぐすように解決に導きました。また、シュテファン・アスケナーゼやアニー・フィッシャーなどの名匠の薫陶を受けたノーブルで詩的な音楽性が伝わり、常に音楽に誠実で、愛情あふれる歌に満ちたレッスンに、若いピアニストたちは、音楽を勉強していく勇気をたくさんいただきました。