【助成報告】久保山菜摘さん(第3回奨励賞)ペルーでのコンサート派遣レポート


集合写真


リマ日本人学校での演奏


リマ 神内先駆者センターでの演奏


ウチジュク小学校での鍵盤ハーモニカの授業


コンサート


歓迎会
久保山菜摘さん(第3回福田靖子賞選考会奨励賞)を、南米ペルーの数都市での国際交流コンサートのために派遣いたしました。久保山さんは、標高4000メートルを超える村の小学校へ鍵盤ハーモニカの寄贈するなど、かけがえのない貴重な経験をしてこられたようです。以下に充実したレポートと写真をいただいています。

--

私は小学校の総合の授業で地雷除去のお話を聞き、日本では何不自由なく生活が出来るのに、何故世界では死と隣り合わせの国があるのだろうと疑問に思っていました。それをきっかけに自分が小さい頃からやっていたピアノで、チャリティコンサートを開き、募金活動をしてきました。その活動が今年で10年目を迎えます。

数年前にペルーの学校支援、またフォルクローレの音楽家を招聘してコンサート活動をされている山崎様と出会い、まだペルーでは貧富の差があること、学校にも通えない子どもたちがいること、また、鍵盤楽器がほとんど根付いていない国であるということなどをお聞きしました。

そのペルーで、クラシック音楽の演奏を届けてほしいと昨年お話を頂きました。

福田靖子賞基金の福田理事長、加藤様に活動内容のお話を聞いて頂き、福田靖子賞の奨学金から渡航費を出して頂けることになり、5月に2週間ほどペルーに行ってきました。 今まで海外はたくさん行ってきましたが、南米の地には始めて足を踏み入れました。

首都のリマでは、日系の80歳前後の元気なおじいちゃんおばあちゃんに演奏を聴いて頂き、とても楽しんで頂けました。アンコールにはふるさとを皆で歌い、とても温かい気持ちになりました。
そして翌日はリマ日本人小学校での演奏。日本での教育法を取り入れているため、ペルーで日本の雰囲気を味わえるという、貴重な体験が出来ました。とても楽しいひと時でした。

そして、後半は海抜から約3000mにあるクスコへ移動。富士山にも登ったことがない私は、高山病にならないか心配でしたが、体調を崩すことなく生活できました。
クスコから車で3時間程車で山道を登っていき、山崎様が建てられた海抜から4000メートルにある ウチジュク小学校にいってきました。
日本とは比べものにならない自然の雄大さ、緑のにおい、またアルパカや豚などが道を普通に歩いていることに驚きました。 到着すると、子どもたちに盛大に歓迎会をして頂きました。コンサートでは日本語からスペイン語、そして子供たちが話すケチャ語へと通訳。ほとんど聴くことのないクラシック音楽に、とても興味を持って聴いてくれました。
そして今回目玉であった、チャリティコンサートで寄付して頂いた鍵盤ハーモニカを約20台をプレゼントし、2日間授業を行いました。
日本では、小学校の低学年で使い終わった鍵盤ハーモニカは、処分されるか、押入れに眠ってしまうことが多いと思います。しかし、子どもたちは、初めて見る楽器に、目をキラキラさせ、とても喜んでいました。
リマにも数人しか調律師がいない程、鍵盤楽器が根付いていない国で、鍵盤ハーモニカをプレゼント出来たことはとても嬉しく思います。
今後も、もっと鍵盤楽器、クラシック音楽の素晴らしさを1人でも多くの方々に知って頂きたいです。
また、ペルーに支援活動をこれからも続けていく予定ですが、他の国にも視野を広げて活動をしていきたいです。

この度は福田靖子奨学金での援助、そしてたくさんの方々にご協力頂いたことで、貴重な経験がたくさんできたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。