マスタークラスVOL.118: 2/29フランソワ・デュモン先生(ピアニスト)特別レッスン聴講募集

2020年2月10日月曜日

>2010年のショパンコンクールで第5位に入賞したフランスの俊英フランソワ・デュモンさんのマスタークラスを開講します。デュモンさんのレッスンが公開されるのは本邦初という貴重な機会に、福田靖子賞選考会やピティナで研鑽を重ねた若く優秀な受講生が集まりました。若くしてパリ音楽院の俊才として知られ、コモ湖国際ピアノアカデミーにも学んだデュモンさんは、その自然で豊かな音楽作りと楽譜の深い読みで、数々の国際コンクールで入賞しました。その後、ソロでは、バッハ、モーツァルト、ショパン、リスト、ムソルグスキー、ラヴェル、フォーレなど次々と録音を発表。室内楽や協奏曲でも、高いアンサンブル能力で引っ張りだこです。今回は、小手指(3/1)名古屋(3/2)のオール・ショパン、東京(3/4)のオール・モーツァルトの3公演での来日。多忙な演奏会予定の直前に、貴重な時間を、日本のピアニストの指導に割いてくださいます。「音楽性のカタマリ」フランソワ・デュモンのエスプリを是非間近でご覧ください。

日程:2020年2月29日(土)時間割は下記
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:藤本優子先生(フランス語) 
主催:公益財団法人福田靖子賞基金
協力:アイエムシー音楽出版、ピティナ
聴講:1日当たり2,000円(1日のうちではどの枠でもご覧いただけます)

受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールタイトルを「デュモン先生レッスン聴講申込」とし、メールにて「event@piano.or.jp」(@を半角にかえてください)まで、氏名、ご連絡先(メールorTEL)をお送りください。折り返し詳細をご連絡します。または当日、直接会場へお越しいただくのも歓迎です。当日はおつりのご用意がないので、2,000円(1人あたり)をおつりのないようにお持ちください。


★受講生と曲目
※午後のみの実施です。

14:00- 神原雅治(17歳、2019ピティナG級金賞・福田靖子賞選考会第2位)
ショパン:スケルツォ第2番 変ロ短調 Op.31

15:00- 東海林茉奈(23歳、2013福田靖子賞選考会第3位・2017ピティナ特級セミファイナリスト)
ショパン:3つのマズルカ Op.56 (時間があればバラード第4番)

16:00-16:15 休憩

16:15- 森本隼太(15歳、2018ピティナG級金賞・2017福田靖子賞選考会第1位)
スクリャービン:幻想曲 ロ短調 Op.28

17:15- 荒井玲奈(21歳、2019ピティナPre特級銀賞)
W.A.モーツァルト:幻想曲 ハ短調 K.475

18:15頃終了予定


※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※時間は、進行によって多少前後することがあります。

関連記事